読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

読んだ本の数々 part6

貨幣進化論―「成長なき時代」の通貨システム (新潮選書)

貨幣進化論―「成長なき時代」の通貨システム (新潮選書)

 

 

金融の世界史: バブルと戦争と株式市場 (新潮選書)

金融の世界史: バブルと戦争と株式市場 (新潮選書)

 

 

 

現代経済思想―サムエルソンからクルーグマンまで

現代経済思想―サムエルソンからクルーグマンまで

 

 

 

人生はあきらめるとうまくいく

人生はあきらめるとうまくいく

 

 

 

本番に強い脳と心のつくり方 (PHP新書 673)

本番に強い脳と心のつくり方 (PHP新書 673)

 

 

 

読んだ本の数々 part5

史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち (河出文庫 や 33-2)
 

 仏教儒教老荘思想、禅。このあたりを解説している本である。

私が読んだ仏教関係の本よりも仏教のことがよくわかったのはこの本であった。

釈迦は結局何がいいたいのかわからなかった私であるが、この本のおかげですっきりとした。

呪文だの戒律だのがあることに疑問があったが、それ自体に効果はないという説明に納得できた。

日本の仏教の他力本願などの解説もわかりやすい。実にわかりやすい。

入門にもってこいの本である。

 

 

 

超越意識の探求―自己実現のための意識獲得法

超越意識の探求―自己実現のための意識獲得法

 

 

 

至高体験―自己実現のための心理学 (河出文庫)

至高体験―自己実現のための心理学 (河出文庫)

 

 

 

「働くこと」を問い直す (岩波新書)

「働くこと」を問い直す (岩波新書)

 

 

 

死生観を問いなおす (ちくま新書)

死生観を問いなおす (ちくま新書)

 

 

 

 

読んだ本の数々 part4

プルーストとイカ―読書は脳をどのように変えるのか?

プルーストとイカ―読書は脳をどのように変えるのか?

 

 読書は脳をどのように変えるのかというサブタイトルにあるとおり、読むことと脳の関係を書いた本。

 

 

 

ヘンな論文

ヘンな論文

 

 一風変わった論文を紹介している本。

著者は芸人なのでちょくちょくつまらない文章が入ってくるのがうっとうしい。

論文の内容も変わっているな~とは思うぐらいのもの。

 

 

 

どうでもいいことで悩まない技術

どうでもいいことで悩まない技術

 

 脳科学を交えつつ、不安やパニックの解消方法を紹介している本。

 

 

 

 

ヒキコモリ漂流記

ヒキコモリ漂流記

 

 髭男爵山田ルイ53世の半生が書かれている。

神童と呼ばれた小学生時代、ヒキコモリになる中学生時代。

大学を2年でやめ、芸人となるも借金で債務整理、一度売れ、そして今現在という流れである。

 

 

 

権力の終焉

権力の終焉

 

 権力自体の力が弱まっており、長続きしなくなっていることを説明した本。