サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

雑文

経過より結果を重視するタイプだから死を考えてやる気がでない。

世の中には結果を重視するタイプと経過を重視するタイプがいるわけでございます。 結果を重視するタイプというのを突き詰めれば、自分が死ぬという結果を考えるハメになるわけでございます。 自分が死ぬという結果が待っていることを直視しなければならない…

「意識」自体を自分でコントロールすることはできない

意識の発生自体をコントロールすることはできない。 というのも、意識は勝手に発生するからだ。 眠りから目覚めた瞬間から意識は発生する。 自分の意志で意識の発生をコントロールできない。 逆に、自分の意志で意識を消滅させることも不可能である。 起きて…

死の恐怖がなくなったら、生きるモチベーションなくなってきた。

大抵の人は、死ぬのが怖いんですよ。 かくいう私も1年前は死ぬのが怖くてしかたありませんでしたよ。 どれぐらい怖かったかというと、風呂に入ったら血の巡り良くなって血管切れて死ぬんじゃないか とか、外に出たら自動車に轢かれて死ぬんじゃないかとびく…

人生をロールプレイに費やす

ロール(role) 要するに役のこと。 人生を役に費やす。 俳優を目指すという意味ではない。 ただ、何かしらの役をするということだ。 ロールプレイングゲームでロールプレイに徹するように、人生をロールプレイするのだ。 夢を叶えるとかそういうことではない…

発達障害のせいで、楽しい記憶が消えていく

発達障害のせいで、どうやら楽しい記憶がどんどん消えていくようです。 嫌な記憶だけが残るのです。 幼稚園、小学校、中学校、思い出せるのは嫌なことだけ。 楽しかった記憶は何一つ思い出せません。 そうなると、楽しい思い出を作るというモチベーションが…

RPGができなくなった

年を取るとRPGができなくなるというのは聞いていましたが、まさにこれが来ました。 開始数分でやる気が失せる状態になっております。 なんでできなくなるのか考えてみたのですが、イベントをこなす事自体がしんどい。 ストーリーを自分の力で進めること、そ…

生きたいとそれほど思っていないから、嫌なことに耐える気がない

嫌なことがあるのが人生でございますが、それに耐える理由といえば生きたいからにほかならないわけでございます。 ここでいう生きたいというのは、楽しいことをしたいとか恋愛したいとか結婚したいとか、死にたくないとかそういう何らかの理由があることでご…

生きるの飽きました

不安と恐怖でいっぱいの日々を過ごしていました。 まず介護が恐怖でした。 介護殺人のニュースが他人事に思えないぐらい怖いものでした。 段々そのことばかりを考えるようになり、あるとき「もし介護しなかったらどうなるだろう?」と考えるようになりました…

文章書かなくなったらアソシエイトの収入増えました

ただ読んだ本を記録するだけのブログになっている最近ですが、そうしたらアソシエイトの収入が増え始めました。 要するに「俺の文章なんざどうでもいい」ということだったんです。 うん、それでいいよね。 というか書くことなくなったから今のスタイルになっ…

楽しむレベルじゃなく入り浸るレベルを欲する

もはやちょっとした楽しみなんざに魅力を感じない。 欲しいのは「入り浸る」の一点のみ。 入り浸らずにはいられないような環境、状況、場所、現象、なんでもいいからそういったものを欲する。 ゲームであれば、現実のことなどどうでもよくなるほど入り込める…

生きることに飽きてきた

人生には楽しいことや嬉しいことがたくさんあります。 それを求めて生きている人がほとんどでしょう。 それらは要するに「刺激」が欲しいということでございます。 刺激を求めて日々過ごしていると言っても過言ではありません。 刺激を求め飽きたらまた別の…

諦めるのには努力が必要ないから楽

実に清々しい日々を過ごしております。 不安や恐怖というのは心のどこかで「どうにかしたい」と思っているから現れるもの。 どうにかするのを諦めてしまえば、なんてことはない不安や恐怖は思考のノイズと化す。 自分の欲望を諦める。 これもまた簡単なこと…

自己肯定感が持てないから他のものに求めた

私にないものといえば、自己肯定感である。 自己肯定感がないが故に、自信がない。 自信がないが故に、自分に価値があると信じられなかった。 だから、私は他のものに価値を求めた。 自分以外の何かに価値を求めたのだが、この世界には価値があるものはなか…

気分がいいときの無敵感

時々、無性に気分がいい時がある。 そういうときに感じる無敵感というものがある。 何が起きても問題なしと思える。 この無敵感が本当に素晴らしい。 問題が何もない感じがして、気持ちよく過ごせる。 気分がいいというのは本当に素晴らしい。 不安がない。…

老人になる前に安楽死したい

老化ってやつがたまらなく嫌だね。 歩くことすらつらそうな老人みると、自分もいずれあんな風になってしまうんだろうかと思って、嫌で嫌でたまらないね。 なにが嫌って、悪いことしたわけではない普通の人々の人生の終盤があんな辛いものだなんて、なんか救…

ぬいぐるみを駿河屋に売りまくった

1年ほど前にこんな記事を書いていた。 で、結局駿河屋にぬいぐるみを送りつけることにした。 だいたい70個ほど送りつけて1万円ぐらいになったと思う。 正直ゴミに出そうかと思っていただけに1万円にもなってくれて大変うれしい。 まだまだ売りつけるぬ…

死ぬのになんで無理しなきゃならないんだろうねぇ

まぁ~相も変わらず、今すぐに死ぬ状況ではまったくないにもかかわらず、いずれ死ぬという事実によってやる気がでない日々なわけですよ。 もう最近は逆に「とっとと死にたいなぁ」なんて思うことが多くなりました。 いずれ死ぬなら今すぐ死んでもいいやって…

意味と価値から無駄へ移行した

意味や価値ばかりを求めていた日々も終わり、無駄なことを実行中の日々でございます。 今までの人生とは意味や価値があると思える行為や物だけを意識していました。 無駄は悪と考えていたと言い換えてもいいでしょう。 意味と価値で一つずつ自分の価値観を固…

無駄を毛嫌いしすぎていたようだ

無駄を毛嫌いしていると、意味があることばかり求めるようになる。 コスパが悪いといった段階ならまだいい。 無駄を突き詰めていくと、どうせ死ぬから意味がないとか、価値がないといった結論になっていくだろう。 どうせ死ぬから何やっても無駄になって嫌。…

愛情がわからない

人にはそれぞれわからないことがあるわけですが、私の場合愛情ってのがよくわからない。 肉親への愛も他者への愛も自己愛もわからない。 愛情を感じることもなければ持つこともない。 「これが愛情だ」というものを感じたことがない。 愛情を感じる機能がな…

不安と落ち込みは薬のお陰でなくなったけれども

うつ病の薬のお陰でセロトニンが増えて、不安と落ち込みはなくなりました。 あんなに不安だったことがなくなってしまうのだから、不思議なものです。 セロトニンは凄まじいということがよくわかるわけです。 さすが幸せホルモンと呼ばれるだけのことはある。…

何かに集中しているときが最良

「なぜ生きるのか」とか「どうせ死ぬんだから」とかいろいろ考えてしまう状況がある。 実はその状況自体がやっかいな状況である。 考えるのがよくないということではない。考えてしまう状況が厄介なのだ。 これは非常に厄介である。 何もせずにボーッとして…

どうせ死ぬんだから 適当に生きればいいよね

どうせ死ぬんだから、適当に生きればいいんですよ。 どうせ死ぬんだから、やる気なんかでないし。 ちゃんとしたって死ぬんだから、最初から完璧主義はやめておいたほうがいい。 やめておいたほうがいいというより、完璧主義である必要がない。 どうせ死ぬん…

チャレンジできる量には限界があるらしい

新たなことに手を出してみるのは大事なことでございますが、あれもこれもとはなかなかいかないもの。 手を出しすぎるとどれも中途半端になるといったようなことではなく、最初から挑戦する気にならない。 どうやら、人間にはチャレンジ出来ることに限界があ…

たぶんアウトサイダーは終わらせることが出来たと思う

今年のはじめに「アウトサイダーを終わらせるのが目標」という記事を書いた。 あれから数週間。 多分目標は達成できた。 コリン・ウィルソンがいうようなピーク体験があったわけではない。 悟りを開くことに成功したわけでもない。 それでも、なんとなくアウ…

無理してまで生きたくない

もう10年以上ずっとタイトルの気持ちでございます。 無理してまで生きたくないという気持ち。 なぜこうなったのかはさっぱりわかりませんが、不思議なことにずっと変わらず無理してまで生きたくありません。 その気持ちを変えようと必死になったわけですが…

結局、何も信じられない

私の人生の大半は「いずれ死ぬからすべてが無意味」という考えに支配されてきた。 未だにそれからは逃れきれていないのだが、それを終わらせることを今年決意した。 私にとっての問題は「存在と無」である。 死んだらすべてが無になるのか、それとも何かしら…

アウトサイダーを終わらせるのが目標

私は自分をアウトサイダーだと思っている。 すべてに価値がないという虚無主義がずっと頭から離れない。 だから、私はアウトサイダーである。 だが、それで人生を終わらせるわけにはいかないと急に思った。 アウトサイダーを終わらせる。 それをやらなければ…

伝統に興味がないので初詣にいかない

初詣行きましたか? 私は行きません。 何の意味もないから。 参拝することに何の意味があるのか。 破魔矢がなんだというのか。 意味が無いんだ。 そんな意味のない行為を伝統としてありがたがっている。 まったくもって意味がわからない。 だから、初詣には…

サイボーグになりたいが金がないからサイボーグ化できずに人生が終わる

あなたの夢はなんですか? と問われた時に職業を答えるのはおかしいと常日頃から思っている。 そんな私の夢はサイボーグになることである。 だが、それは不可能であろう。 まだ不可能という意味でもあるのだが、サイボーグになるには必ず大量の金を用意しな…