サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

雑文

チャレンジできる量には限界があるらしい

新たなことに手を出してみるのは大事なことでございますが、あれもこれもとはなかなかいかないもの。 手を出しすぎるとどれも中途半端になるといったようなことではなく、最初から挑戦する気にならない。 どうやら、人間にはチャレンジ出来ることに限界があ…

たぶんアウトサイダーは終わらせることが出来たと思う

今年のはじめに「アウトサイダーを終わらせるのが目標」という記事を書いた。 あれから数週間。 多分目標は達成できた。 コリン・ウィルソンがいうようなピーク体験があったわけではない。 悟りを開くことに成功したわけでもない。 それでも、なんとなくアウ…

無理してまで生きたくない

もう10年以上ずっとタイトルの気持ちでございます。 無理してまで生きたくないという気持ち。 なぜこうなったのかはさっぱりわかりませんが、不思議なことにずっと変わらず無理してまで生きたくありません。 その気持ちを変えようと必死になったわけですが…

結局、何も信じられない

私の人生の大半は「いずれ死ぬからすべてが無意味」という考えに支配されてきた。 未だにそれからは逃れきれていないのだが、それを終わらせることを今年決意した。 私にとっての問題は「存在と無」である。 死んだらすべてが無になるのか、それとも何かしら…

アウトサイダーを終わらせるのが目標

私は自分をアウトサイダーだと思っている。 すべてに価値がないという虚無主義がずっと頭から離れない。 だから、私はアウトサイダーである。 だが、それで人生を終わらせるわけにはいかないと急に思った。 アウトサイダーを終わらせる。 それをやらなければ…

伝統に興味がないので初詣にいかない

初詣行きましたか? 私は行きません。 何の意味もないから。 参拝することに何の意味があるのか。 破魔矢がなんだというのか。 意味が無いんだ。 そんな意味のない行為を伝統としてありがたがっている。 まったくもって意味がわからない。 だから、初詣には…

サイボーグになりたいが金がないからサイボーグ化できずに人生が終わる

あなたの夢はなんですか? と問われた時に職業を答えるのはおかしいと常日頃から思っている。 そんな私の夢はサイボーグになることである。 だが、それは不可能であろう。 まだ不可能という意味でもあるのだが、サイボーグになるには必ず大量の金を用意しな…

生きたいとも死にたいとも思わず

不思議なもので生きたいとも死にたいとも思わなくなったおかげで、不安や無気力が解消された。 大抵の不安というものは「生きたい」という気持ちがあるから浮かんでくるということは前々からわかってはいた。 風呂に入るたびに「血圧上昇しすぎて倒れたらど…

もはや意味があっても「それがどうした」としか思わない

前にこんな記事をかいた。 この記事では、結局宇宙は滅びるから何をしても意味がないということを書いたわけだ。 だが、じっくり考えたところ別の結論がでてきた。 それは「意味があろうがなかろうがそれがどうした」ということだ。 例えば宇宙の滅亡を阻止…

宇宙はいつか滅びるからすべてが無意味

すべてが無意味だと思ったのは、タイトルのことを思ったときでした。 生きる意味といったものを誰もが考えると思うのですが、意味を求めていっても必ず終わりがやってくることを理解するわけです。 子孫を残すことが生きる意味だとしても、いつか宇宙は滅び…

イヤーワームが止まらない人生

脳内で音楽が再生され続ける現象のことを「イヤーワーム」といいます。 私はこのイヤーワームという現象が常に止まらない人生を歩んでおります。 この文章をキーボードで打っている間もずっと同じフレーズが何度も何度も繰り返されるのです。 自分の意志で止…

今倒れたらどうしようという不安

不安というものには2つのパターンがある。 一つは解決できるもの。 もう一つは解決しようがないものだ。 解決できるものは文字通り解決方法がある不安のことで、たとえそれがかなりの苦労を強いられることになる不安だったとしても、解決可能なもののことを…

今日が始まってしまう

夜中に起きてそのまま起き続けているときというのは、とても有意義な時間を過ごせる。 なぜなら外は真っ暗で時間の経過を感じないからだ。 時間を無駄に過ごしていても何も思わないでいられるのが夜中なのだ。 夜中の魅力はそこにある。 だが、夜明けが始ま…

自己犠牲をしてしまうから他人と関わりたくない

小さい頃から自己犠牲をしてきた。 周囲の人はそれをみて「優しい」と言った。 自己犠牲を伴う優しさは苦痛でしかない。 自分が犠牲になればいいと常に我慢を強いることになるからだ。 そんな子供時代を過ごしてきた。 そして、自己犠牲をしたからといって何…

つまらない時代を生きているよなぁ

全身サイボーグにはなれない。 コンピュータに精神をアップロードすることができない。 体内にナノマシンを入れておくことすらできない。 飯を食わなきゃ生きていけない。 睡眠をとらないと生きていけない。 当たり前のように宇宙旅行に行くことすらできない…

意識と無意識の齟齬が生じていたらしい

ここ3ヶ月ぐらい不安が襲ってくる頻度が多くて、まいっていたんですよ。 とにかくいろんなことが不安になって、あれやこれやと不安がどんどんでてきたんですね。 ちょっとでも暇な時間ができると、すぐに不安が浮かんできたんです。 それで9月になってからそ…

不安解消のためにいろいろ試したわけですけども!!

不安になるのを抑えるためにいろいろやりましたよ。 本当にいろいろやりましたよ。 規則正しい生活が大事っていうから、朝起きて夜寝る生活やったよ。 太陽光浴びるのが大事っていうから、ひなたぼっこしたよ。 セロトニンが大事っていうから、ビタミンB群を…

「とくにない」という主張が言いたいというか、言いたくないというか。

本を読む時は没頭することが大事。と前々は思っておりましたが、今は特にそういった思いはなく、没頭しようが途中でダレようが構わないと考えるようになりました。 というのも、没頭しなければ頭に入ってこないのは当然ではあるのですが、没頭していないと気…

原始時代の技術を実践する動画を見て

つべこべ説明する前にこれを見ていただきたい。 www.youtube.com 私が求めていたものはこれなのです。 昔から「サバイバル」物が好きでした。 一時期はサバイバル物の漫画ばかり読んでいた時期がありました。 ディスカバリーチャンネルで「MAN vs. WILD」を…

強い刺激が必要なくなってきた

日々生活しておりますと、刺激というものを求めるものでございます。 その刺激にも多種多様なものがあり、一言で片付けるのは不可能でございます。 私は最近、刺激に関して「強い」ものが必要なくなってまいりました。 ここでいう「強い刺激」がなにかと申し…

外部からの刺激がないと退屈

人間、椅子に静かに座り続けることは出来ないくせに椅子に座ってパソコンの前でインターネットをするのはやり続けられる。 というのは、外部からの刺激が常にあるからにほかならない。 新たな情報、知識、映像、インターネットを通して刺激が幾重にもやって…

「詩」というものに何も喚起されない

昔のことでございますが、中古で買った本に「中原中也記念館」の招待券が挟まっておりました。 未だにその招待券をもっているので、いつか行ってみたいと思っておるわけでございます。 ですが、中原中也のことはまったくもって存じあげない。 その状態で記念…

じっと見ていられる人と見ていられない人

普段の生活で他人の顔を見るということがあまり好きではないし、見られることも好きではない私であります。 ただ時々じっと見ていられる人というのが存在しておりまして、気がついた時にはボーッと見ていたなんてこともございます。 そのことに気がついた時…

数の多さを競い合う感じ

いや~ポケモンGO流行ってますね~。 あの光景を見て、mixiのことを思い出したんですよ。 今はどうなっているか知らないのですが、昔のmixiはマイミクの上限が1000人だったんですよ。 で、マイミク募集しまくっている人ってのが結構いて、その人達は早々…

見る情報によって思考の傾向が決まってくる

思考というのは害悪そのものであるということは、わかっているんです。 何冊もそういう系統の本を読みましたから。 だから、無駄な思考をしない様にするために瞑想をやっているわけです。 思考を停止したり放棄したりするのを目標としてやっていましたが、ふ…

性的快感がないと子孫作る気になれないってことでいいの?

子孫を残したいと思うのは本能っていうじゃないですか。 本能であるならば、なぜ性的快感とか必要なんだろうか? 子孫を残すことがとてつもなく重要で子孫を残すために生きているとするならば、性行為にわざわざ快感をセットしなくても子孫を残そうとすると…

思考の放棄がわかってても出来ない

不安なんてのは思考が作り出しているんだから、思考を気にするのをやめれば不安はなくなっていく というのは理解しているんです。 思考の害悪性を説いている本を何冊も読んだのでそのことは知っているんです。 もちろん、瞑想を行って思考の停止や観察も行っ…

大抵のことは「どっちでもいいんだ」

音楽を聴こうが聴くまいがどっちでもいいんだ。 映画をみようがみまいがどっちでもいいんだ。 楽しみがあろうがなかろうがどっちでもいいんだ。 自分が健康であろうがなかろうがどっちでもいいんだ。 生きていようが死んでいようがどっちでもいいんだ。 何も…

RPGやめる瞬間

RPGって基本コツコツやるタイプのゲームですよ。 一瞬のひらめきとか必要ないですよ。 そんなRPGをやめる瞬間というのがありまして。 これはね、面倒臭いが一定量超えた時にやめるんです。 ヴァルキリープロファイル2のセラフィックゲートを攻略中のことで…

「楽天主義セラピー」に戻ってきた

仏教とかクリシュナムルティとか瞑想とかいろいろやった3ヶ月でしたよ。 最終的に戻ってきたのは「楽天主義セラピー」でしたよ。 リチャード・カールソンの楽天主義セラピー 作者: リチャードカールソン,Richard Carlson,小谷啓子 出版社/メーカー: 春秋社 …