サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

「逆転裁判3」は、GBA最後の作品だけあって、全てをまとめあげた。

逆転裁判シリーズは3で完結で良かったんじゃないかな。

それほどまでに逆転裁判3は物語をまとめあげただろう。

 

第一話は成歩堂の師匠「綾里千尋」の2回目の裁判の話だ。

有罪に問われたのは成歩堂本人である。殺人を犯した容疑者として裁判にかけられたのだ。

真犯人は女性だったが、この女性が最終話でまた大暴れする。

この話で、綾里千尋の初勝利と綾里千尋のリベンジがなされる。

 

第二話は、怪人が盗みの容疑者として起訴され、それを弁護する話だ。

怪人を捕まえたという探偵が、盗人として逮捕され一見落着かと思ったら、今度は怪人が殺人の容疑者として起訴されてしまう。

 

第三話は、逆転裁判2の第一話で弁護した須々木マコが殺人の容疑者となったので弁護する話だ。

この話は、最後一人の女性がとてもつらい状況で終わる。

悲しい話だった。

 

第四話は、綾里千尋が初めて裁判に挑んだ時の話だ。

弁護するのは脱獄した死刑囚。彼が再度殺人の容疑にかけられた。

綾里千尋は殺人をしていないと信じ、弁護する。

この話では、第一話で逮捕された女性が殺人者であるとほぼ確定するのだが、最後の最後で、弁護した脱獄した死刑囚が死んでしまい、裁判は終わる。

やりきれない話だ。

 

そして、最終話の第五話。

逆転裁判シリーズすべての話がここに終結する。

1作目のDL6号事件で霊媒に失敗して行方不明になっていた綾里真宵の母親が登場。

2作目で春美ちゃんを家元にしようとした綾里 キミ子が、またも暗躍する。

第一話で捕まった真犯人の女は死刑が執行されたが、そいつが霊媒され事件を起こしたり、この逆転裁判3でずっと成歩堂の敵の検事だったゴドー検事の謎がわかったり。

一日目の弁護を御剣検事が行い、相手の検事は狩魔冥だったり、矢張がまたやらかしたり。

逆転裁判シリーズを通したすべての物語がここで完結するのだ。

 

 

やっていただければわかる。

逆転裁判はこの3で終わっておけばよかったと。

4というわけのわからないものを作ってはいけなかったと。

 

逆転裁判3 NEW Best Price!2000

逆転裁判3 NEW Best Price!2000

 
逆転裁判3

逆転裁判3