サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

嫌な記憶は楽しい記憶に書き換えることが可能らしい

理研、「嫌な出来事の記憶」の「楽しい出来事の記憶」への書き換えに成功 | マイナビニュース

ついに突如フラッシュバックのように意識に現れるクソッタレな記憶とおさらばできることに成功したのだ。

マウスレベルの実験ではあるが、これを使って嫌な記憶をすべて楽しい記憶に上書きしてしまいたい。

そうなったとき、嫌な記憶によって自分を規定していた部分がなくなるのだから、性格が変わるはずだ。

無意識レベルで反応してしまうトラウマのようなものもなくなるのだろうか。

記憶を書き換えれば、意識が思い出す記憶と無意識が勝手に参照する記憶両方共消せるのだろうか。

 

なによりも、嫌な記憶を上書きするために、無理やり楽しい体験をしなければならないのは、ハードルが高い気がする。

 

脳をいじる時代が近くにきている。

電極ぶっさして、一日中快楽回路刺激し続けたり、右脳の角回を刺激して幽体離脱体験したり、数学の脳力向上させたり。

ちょいとかける電圧間違えて、脳細胞焼失させちゃったり。

癲癇の症状を無理やり創りだして、意識消失させたり。

脳の電気信号を解読して、他人の記憶をほじくりだしたり。

逆に偽の記憶をかましたり。

 

あ~脳みその研究は面白い。