サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

逆転裁判4

DSで発売された逆転裁判4。

主人公は成歩堂から王泥喜に変わり、成歩堂は弁護士をやめ暗黒面に落ちたような生活をしている。

 

第一話は、王泥喜の初裁判。弁護するのは成歩堂龍一。容疑は殺人だ。

成歩堂はボルハチというロシア料理店で、ピアニストと称してポーカーで客と対決する仕事をしている。

7年間無敗という成歩堂。7年前に弁護士をやめてからはずっとこの仕事をしていたのだろう。

ギャンブルではなく、ただ勝負をしていただけだという。

成歩堂の説明はもういいだろう。とにかく、落ちに落ちたということがわかってもらえばいい。

 

王泥喜成歩堂の弁護を担当した理由は、王泥喜の師匠である牙琉霧人成歩堂と友人で、成歩堂が直々に王泥喜を指名したのだ。

さて、法廷パートで発覚する真犯人は誰なのかは、やっていただくとして、この裁判で成歩堂は模造した証拠品を王泥喜に渡し、裁判に勝ったのだった。

やはり成歩堂は落ちる所まで落ちている。そのことがわかる第一話であった。

 

 

 第二話は、王泥喜成歩堂に電話で呼び出され、成歩堂をひき逃げした奴、盗まれたやたぶき屋という屋台を探すこと、成歩堂の娘のみぬきの盗まれたパンツを探すことを依頼される。

 それらを探しているときに、殺人事件があったことをしり、殺人の容疑で逮捕されたのが、キタキツネ一家の跡取り息子の北木滝太。彼の婚約者から弁護を頼まれる。

そして、ひき逃げした奴と屋台を盗んだ奴は同一犯で、殺人事件の被害者。

パンツ泥棒も殺人事件に絡んでくる。

そして真犯人は・・・。

 

 

第三話は、バラードの女神とよばれるラミロアのマネージャーが殺害される事件が起きる。容疑者は女神のピアニストのマキ・トバーユ。

誰の目が見えないのか、日本語が話せるのか、マキ・トバーユが関わった犯罪が別にあるとか、そんなこんな感じの話。

 

 

第四話は、裁判員制度のシミュレート裁判が舞台。そこに選ばれた事件は、贋作家の殺人事件。容疑者は娘。

この事件によって、成歩堂が落ちた理由。成歩堂の娘のみぬきの存在の秘密。王泥喜の秘密。ラミロアの秘密、第一話で殺された男の正体などすべてが明らかになる。

そして真犯人は・・・。 

 

 

逆転裁判4のシステムに腕輪がある。

証言の時に違和感を感じた時に使えるのだが、相手の焦りを見破ることで進展するシステムだ。

従来は、なにをするにも証拠が必要だったが、腕輪が必要な場面では証拠が求められない。相手の動揺を見破ればいいだけだ。

とにかく証拠を出せ!と言われるゲームだったのだが、ところどころで動揺を見破ると勝手に相手が証言しちゃったりするシステムが加わっているのだ。

基本は証拠つきつけるゲームなのは変わらないんだが、どうもこの動揺を見破るシステムがあることに不満がある。

 

 

それにしても、第4話は結局のところ成歩堂の話だし、新主人公の王泥喜はあんまり活躍しない。

主人公新しくするならそっちに振り切って欲しいし、成歩堂の話で終わらせるなら王泥喜はいらなかった。

 

逆転裁判4 NEW Best Price!2000

逆転裁判4 NEW Best Price!2000