読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

FF8 「とつげき」プレイ その3

FF8 ゲーム

オチューからブラインを300個ドローする。

オチューにはスリプル、ブラインがきかず、オチューダンスというスロウ状態にしてくる技もあるため、ブライン300個ドローには少しだけ時間がかかった。

グレンデルからダブルをドローする予定だったが、出会わなかったことと、ダブル別に必要ないことが判明したのでスルー。

ウェンディゴとよく出会ったのでバーサクを300個ドローした。

 

ストーリーを進めるためにカーウェイ邸に向かう。

地下水路でクリープスからレイズを300個ドロー。

これをHPにジャンクションすれば跳ね上がるので、かなり楽になった。

 

シュメルケは「とつげき」で何の苦労もなく撃破。

 

サイファーはとつげき状態のスコールの攻撃2回で撃沈。弱すぎる。

イデア戦はスコールの攻撃が平均450ほど、アーヴァインは150、リノアは60だった。

サンダガやファイガのダメージは300ほどだが、こちらは全員HPが1800以上あるので余裕の勝利。

ディスク1が終了した。

 

全滅したのはディアボロス戦で1回あっただけ。

「とつげき」プレイは今のところ楽。

どれぐらい楽かといえば、ドローするときはスリプルかけてドローし続ければいいので楽。

きかないならHPを適度に回復して◯ボタン押しっぱなしにすればいいから楽。

ボス戦は「とつげき」選んだ後は何もしないで済むから楽。

戦闘中はまったく忙しくない。事前準備をしっかりやるだけだ。