サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

FF8 「とつげき」プレイ ラスト

アルティミシア戦を開始。

 

まずはスコール、リノア、アーヴァインが揃うまではとつげきを使わずに味方を殴る。

揃ったところで「とつげき」開始。

最初はすぐに終わる。

グリーヴァ戦の時にアーヴァインのアレイズを吹き飛ばされ、HPにジャンクションしていたため1800まで落ち込む。

そして、グリーヴァにアーヴァインが殺されるも、スコールとリノアで削り切る。

 

とにかく素晴らしい力を発揮するのは、オートポーションだ。

確実にHPを全回復するように、ポーション、ハイポーションをすべて売っぱらい、エクスポーションを大量に購入しておいたため、オートポーションが発動する=HP全回復なのだ。

 

ジャンクション・グリーヴァも速攻で倒し終わり、アルティミシア最終形態へ。

ヘル・ジャッジメントでHPを1にされるも、オートポーションによってすぐにHP全回復。

完璧な行動パターン。

それを3回ほどやったところで、倒し終わりクリア。

 

 

やっぱりあれだった。

アデル戦が一番大変だった。

完璧なる運ゲーだったから。

それに比べたら、ラスボスなんて対策練れば余裕すぎた。

 

戦闘中に余計な操作したくない人には「とつげき」プレイをおすすめします。

今回はカード変化や魔法生成を禁止にしたから、面倒なドロー時間とかありましたけど、それなくしたらこんな楽なことないよ。

戦闘中に工夫することはなにひとつない。

すべては事前準備で解決できる。

それを証明したかったんだ。