サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

Ever17 -the out of infinity- は謎が解けて行く時のカタルシスを楽しもう

評価が高いと話題のSFアドベンチャーゲームEver17 -the out of infinity- Premium Edition」をプレイした。

 

舞台は2017年の日本で海洋テーマパーク「LeMU」である。

遊園地を海の中に沈めたような施設で、突如警報装置が鳴ったかと思ったら浸水してしまう。

LeMUに閉じ込められた6人が連携して脱出を試みる。

 

倉成武編と少年編があり、4つのエンディングを見るとすべての謎が解き明かされるシナリオに突入できる。

SFアドベンチャーだけあって、クローン、人工知能、不老不死などの要素が盛り込まれている。

 

 

はっきり言って4つのエンディングを見た時点ではトリックがさっぱりわからないだろう。

ところどころでトリックを理解するのに必要な要素は出されるが、それがどうつながっていくのかはさっぱりわからないままだ。

こいつは一体誰なのか、なぜこんなことができるのか、なぜそんなことがわかるのか。

そんな謎が残されたままなのだ。

だが、最後のシナリオを進めていくと徐々に徐々に解きほぐされていき、すべてがひとつにつながる。

そのときのカタルシスはなかなかのものだ。

 

評価が高いのも納得だ。

ただ、見終わってからも疑問に思うところはあるのだが、こまけぇことは気にするなって気持ちになったので、それはそれで良しとした。

 

Ever17 (初回限定版:2枚組サウンドトラックCD同梱)

Ever17 (初回限定版:2枚組サウンドトラックCD同梱)

 
Ever17 -the out of infinity-(限定版) Premium Edition

Ever17 -the out of infinity-(限定版) Premium Edition