読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

「リトル・フォレスト 夏・秋」は、ボーッっと見ていればいい。

リトル・フォレストは夏・秋と冬・春の4部作である。

 

映画は大自然に囲まれた集落で暮らす一人の女性の話である。

田舎で田畑を耕しほぼ自給自足の生活をしている。

時に部屋の湿度を下げるためにストーブを焚き、そのストーブでパンを焼いたり、

自家製の米サワーを作ったり、ジャムを作ったり、栗の渋皮煮を作ったり、合鴨農法で使った合鴨を解体して食べたり、そういった話が散りばめられている。

 

主なストーリーというのは意識してつくられていないが、母親が出て行ったことや主人公の女性が都会から帰ってきた理由などは謎のままだが、描かれている。

 

 

この作品は力を抜いて見るべきだろう。

田舎での生活をぼーっとみていればいいのだ。

綺麗な自然を田舎での日々の生活をただただ傍観していればいい。

難しいことは考えない。

それでいい。

そういう作品だと思う。

 

 

リトル・フォレスト 夏・秋 Blu-ray

リトル・フォレスト 夏・秋 Blu-ray