サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

魔弾の王と戦姫 は、弓が好きなら最高だ

主人公のティグルは弓使い。最高の弓使い。

圧倒的な技術を持つ弓使い。

もうこの時点で弓好きにはたまらんのですよ。

 

物語はブリューヌ王国とジスタート王国がドンパチやったら、最初の予想とは違いジスタート王国が勝ち、主人公のティグルはブリューヌ側で味方を逃がすために、七戦姫の一人のエレンを討とうとするも失敗して捕虜となる。

エレンがティグルのことを特に弓の技術が気に入ったので、捕虜となったのだ。

そこにティグルが収める領地のアルサスをテナルディエ軍が焼き払いに来るとの情報が。

ティグルはエレンに頼み共に戦うこととなった。

 

 

戦姫の特殊な技の凄さや、戦姫の美しさとか、そういうのももちろん魅力なのだが、

弓が好きな人間からするともっと弓を! と思ってしまう。

でも、弓は大活躍するからうれしい。

というか、ティグルは弓もすごいけど、戦略とか戦術もすばらしい。

だからこそ、ティグルが主人公となり戦乱の世に新たな風を吹き込むのだ。

 

戦姫と戦姫が戦うことだってある。どちらかが死んでしまうかもしれない。

だが、こういうアニメでは死ぬことはない。

主人公が野心もなく優しい心を持つ男なんだから、みんな仲良くなるはずなんだ。

だから安心して見れる。

 

 

それにしても戦姫の全裸と遭遇数アニメだなぁ。