読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

「七つの大罪」 王道ファンタジーが最高

面白いと話題の作品である「七つの大罪」。

アニメを見てみて納得したのは言うまでもない。

これは面白い。

 

 

伝説の騎士団「七つの大罪」は10年前にある事件を起こしたことによって、指名手配された。

第三王女であるエリザベスは七つの大罪に助けをもとめ、旅をしていた。

ある日、立ち寄った酒場の「豚の帽子亭」で倒れてしまったが、なんとその店の店長が七つの大罪の団長であるメリオダスであった。

それからエリザベスとメリオダスとしゃべる豚のホーク、店を運ぶでっかい豚の二人と二匹で七つの大罪のメンバーを探す旅が始まった。

 

七つの大罪のメンバーはどいつもこいつも強く、巨人族だったり、妖精王だったり、不死者だったりと種族もいろいろ。

キャラクターの性格もそれぞれバラバラで魅力的だ。

 

 

ストーリーはそんな仲間達を探しつつ、エリザベスの国を救済を目指す。

国の聖騎士団の中で不穏な動きがあり、ヘンドリクセンと呼ばれる奴は魔神族の力を使って自らを強化するだけでなく、下っ端の奴にも血を飲ませて強くしていた。

 

アニメでのラスボスはヘンドリクセンなのだが、これが強い。とにかく強い。

七つの大罪が束になっても勝てない。

そんな状況で力を発揮したのは・・・。

 

ファンタジー中のファンタジーであり、物語は王道中の王道である。

それが素晴らしい。

七つの大罪という強いやつらが自分たちが悪者にされ、社会から追われる身になっても、本当の悪をやっつけようとする。

これがいいのだ。

 

 

アニメでは、10年前の事件についての真相は語られない。

その前に終わってしまったからだ。

第二期があるのは間違いないだろう。