サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

アクションゲームで味方守りながら敵倒すイベントやめてくれ

難易度高めのアクションゲームが好きなんですよ。

ちょっとした雑魚敵ですら気を抜いたら殺されちゃうような、そういうのが好きなんです。

雑魚敵と何度も戦いながら、倒しやすいパターンをみつけることの楽しさ。

それがうまくいったときの達成感は気持ちいいものです。

それがボスともなれば、脳汁あふれてスパークしちゃうのも当然のこと。

自分でやった感が半端ないから、アクションゲームはたまらない。

 

だがしかし!

時に面倒臭さMAXのステージやイベントがでてきやがる。

前にゴッド・オブ・ウォー2の記事に神官を生かしながら敵を倒すイベント戦闘がクソ面倒臭いと書いた。

 

他にもハイスピードロボットアクションのANUBISには、広大なステージで味方を守りながら敵の軍勢を次から次へと倒さなければならない、これまた非常に面倒臭いステージが存在する。

どちらも共通するのは、味方を守りながら戦うことだ。

アクションゲームの楽しさはいかに敵を倒すかである。

何のために敵がいるんだ?

何のためにボスがいるんだ?

答えは簡単「倒すため」だ。

 

全力で倒したいんだ。なのに味方を守らなければならなくなると、敵を倒すことだけではだめになってしまう。

避けてガードして敵をぶっ殺したいのに。

「あ~味方のところに敵が近づいちゃう!助けなきゃ!」という面倒臭いことをしなきゃならないのが、本当にクソだ。

 

仲間を守るゲームがしたいならハートフルなRPGでもやってろ!

こっちは、敵をぶっ倒したいんだよ!

誰かを守るためにやっているんじゃねぇ!

自分のテクニックで敵を倒したいんだ!