サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

「超銀河船団」 ストレスたまるわ

5月15日にオープンβが始まった「超銀河船団」というゲームがある。

 

ゲームの内容は、艦これと同じだ。

部隊を編成し、ミッションをクリアしていき、資材を使って武器作ったり強化したり、パートナー作ったり強化したり、仲間募集したり、HP減ったら休養したり。

それをずっと続けていくゲームだ。

 

艦これのシステムそのままなのだが、まったく違うのは戦闘だろう。

f:id:DuctDust:20150515173029j:plain

この画像だけでは何をしているのかさっぱりわからないと思うが、右側から敵が流れてく。

それぞれのキャラには攻撃範囲が設定されており、そこに敵が入ってきたらダメージが与えられるので、それで倒す。

キャラの位置は左右に動かせるので、HPが低くなったら左に移動させることも可能だ。

 

で、この戦闘がすこぶるつまらない。

中途半端に動かさなきゃならないのが面倒くさい。

攻撃のスピードが遅いのでテンポも悪い。

艦これのようにただ見ているだけのほうがマシだ。

 

 

キャラにはHPとスタミナがあり、ミッションやるとスタミナが必ず減る。

だから、HP減ってなくても「休養」しなければならない。

しかも1人のキャラを休養させるのに必要なクリック回数が最低でも4回だ。

もともと「休養」を使う回数が多いゲームなのに、それにプラスしてクリックの回数も多い。

ストレスフルなゲームだ。

 

 

艦これでは艦娘がすぐに手に入る。

敵を倒せば手に入るし、建造すれば手に入る。

レアはなかなかでないから何度も繰り返すが、基本すぐに艦娘は手に入る。

だが、この「超銀河船団」は逆だ。

入隊募集をかけても仲間が手に入らないことが多い。

 

 

ここまで来ると何を楽しめばいいのかわからない。

テンポが悪く中途半端に操作を要求される戦闘。

スタミナが減るたびにクリック地獄に陥る休養。

全然に手に入らない仲間。

ここまで書いてこなかったが、パートナーをキャラに装備させると、キャラの外見が装備したパートナーに変化する。

なので、せっかくのかわいいキャラも装備したパートナーによっては、怪物になるので、キャラの可愛さも活かせていない。

とにかくいいところがない。

 

 

一つだけ良かったところをあげるとすれば、艦これの面白さを再認識できたところだろうか。

 みなさん、艦これをやりましょう!

艦隊これくしょん -艦これ- 雪風 大破Ver. 1/8スケール ABS&PVC塗 装済み完成品フィギュア