読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

「96時間/レクイエム」 続編ものだったんだね

オープニングは金庫係のおっさんが拉致されて、金庫開けさせられて中に金が入ってなかったから見せしめで殺されるところからはじまる。

そこから場面が変わって自分が映画を見るとたいてい出てくる俳優でお馴染みの「リーアム・ニーソン」が、大学生の娘にパンダのぬいぐるみをあげるシーンになり、父親が娘の成長についていけていない感じを醸し出す。

パンダのぬいぐるみを拒否され持って帰るはめになった父親が、山姥を若くしたような女と電話をする。どうやら娘の母親らしい。

ただ、この夫婦は離婚しており母親の方は別の奴と再婚している。

でも、元妻は今の夫に愛情がなく、元夫のリーアム・ニーソンともう一度結ばれたい感じ。

んでもって、事件は山姥若くした女こと母親がリーアム・ニーソンの自宅でぶっ殺されたところから始まる。

リーアム・ニーソンは警察に追われるも逃げ出して犯人探しを始める。

 

 

と、ここまでリーアム・ニーソンが父親なこと以外は説明がない。

警察から華麗に逃げたりアジトがあったり、支援する仲間がいたりとなんか裏がありそうなんだけど、とくに説明がされない。

なんでこいつの仕事の説明がないんだ?と思ったら、この映画自体が続編もので元CIAのやつってことは予め知ってて当然ってことなんだね。

そこを知らないまま全編みたから、リーアム・ニーソンの正体がわからないまま終わってしまったよ。

 

ストーリー自体は別にこれといってすげぇどんでん返しに度肝を抜かれることもないし、アクションシーンもとくにいうこと無い。

強いて言うとするならば、血が飛び出ないね~。規制回避するためには血を見せないようにしなきゃいけないから、とにかく血がでない。

銃でぶっ放しているのに血がでない。

 

警察も無能じゃなくてちゃんと犯人を見つけ出してくれてよかったね。

娘が妊娠して子供生む決意してよかったね。

ってな感じのエンディングで終わり。

 

 

全然おもしろくないよ。

これ見るぐらいだったら、まだフライトゲームのほうがいい。