読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

村越周司 もうギャグしかしない

人生で初めて買ったお笑いのDVDがこの「村越周司 もうギャグしかしない」である。

村越周司 もうギャグしかしない [DVD]

村越周司 もうギャグしかしない [DVD]

 

 この村越周司なる人物は、ケンドーコバヤシの元相方だった。

一度芸人を引退したのだが、その理由は舞台に立つと異常に緊張するからだった。

そんな村越周司は芸人を引退したあと、歯科技工士になるための専門学校に入学し、合格率99%の試験に落ちるという奇跡を起こし、今度はフリーのギャグ芸人になることを決意したのだった。

 

 

私が村越周司を知ったのは「あらびき団」に出演したのを見た時で、声は枯れているしキレもない、ギャグはFUJIWARA原西の真逆な感じのギャグである。

私はなぜかこのギャグ達に惹かれたのだ。

 

 

DVDには復帰ライブで250発ものギャグを連発する様子が収められている。

白色の全身タイツに汗だらだらで必死にギャグをやり続ける。

見ていればスベリ芸とはこういうものかと理解できる。

クスッと笑う時もあれば、無表情が続く時間を経験するときもあるだろう。

私が個人的に好きなのは「手話ではありません。頭のおかしい人です」や「平和の象徴ハトのおっさん」や「チンカスはカスの中ではリーダー格」などなどだ。

中でも228以降から始まる「おもてたんよりシリーズ」が最高だ。

 

 

Amazonのレビューに素晴らしいものがあったので紹介しておこう。

「俺、笑いには厳しいよ。ってか今日のエ○タみた?」
というような方にはオススメしません。
真のお笑いファンなら見るべし。  

もっと普通に笑いたい人は、有名な芸人さんのDVDをみてればいいんです。

そっちのほうが絶対に面白いのは間違いない。

 万人にはおすすめできないDVDである。