読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

全力!脱力タイムズ 6月12日 「おしゃれといえば糞尿よけ」

オープニングで有田が「今年の上半期のトップニュースとはなんでしょうか?」と全力解説員に聞くも、誰もしゃべらない。

数秒の沈黙の後、有田の「今日もよろしくお願いします」の一言。

 

今回のゲストコメンテーターは「広瀬アリス」とNON STYLEの「井上裕介」。

有田は井上に芸能裏情報を聞こうとする。

井上は「井上公造じゃないですよ」という。

困惑しながら「数年前、くりぃむしちゅーの有田さんが宝塚の女性と出会おうと必死だった」という話をして、有田をちょっと焦らせる。

この番組では今まで有田がいろんな人をいじってきたが、有田がいじられるのは初めてだろう。

 

 

まずはキャベツの値段が跳ね上がっているというニュースから、タイヤが破裂し跳ね上がる動画へ。

そこから「破裂といえばバブル」と言い始めるのは岸解説員。

元々経済学で考えればバブルは発生しない。合理的経済人というもので考えればバブルは発生しないのだが、実際はバブルが発生する。

中国は今年に入って株式投資バブルが酷く、今年にはいって破裂するのではないかと言われていて、破裂したら日本にも多大な影響があるだろうとのこと。

しかも、バブル破裂は防げない。

 

そこから有田は広瀬アリスに「バブルの時代には生まれていないですよね」という話になり、もしも生まれてたとしたらどんな感想をもつか聞き始める。

そして「あの頃は楽しかったですね」と答える広瀬アリス

 

次に極限生物研究者の長沼毅解説員が「爆発といえば海底火山」といいはじめる。

海底火山の近くに「リミカリス」というエビがおり、摂氏400℃の環境で炭化水素を栄養にして生きている生物である。

光はいらないし食べ物もいらないエビということで、NASAも注目している。

なぜなら海底火山があればいいので、他の惑星にも生命がいる可能性があるからだ。

 

この話に食いつく井上は「この話広げようよ」というが、有田は「途中から聞いてなかった」といって割愛する。

 

次に有田は広瀬アリスに過去の話を聞き出す。

昔、セブンティーンのモデルをやっていたという話になり、有田は青春時代の写真を初公開するといいだして出した写真がこれだ。

青春時代

青春時代

 

右にいるのが自分だという広瀬アリス

左下が妹の広瀬すずで、左上が兄だと言う。

 

 

 

戦艦武蔵発見のニュースから犬が部屋を散らかしてティッシュ箱に頭突っ込んでいる動画へ。

そこから、現行犯で逮捕した人間は言い訳や言い逃れをする。

そして「言い訳言い逃れといえばナルシスト」と言い始めるのは出口解説員。

もちろんアップになるのは井上裕介

ナルシストというのはプライドが高く、自己愛が高いので他人のせいにしやすいとのこと。

 

その後有田は井上に一番のナルシスト顔を要求する。

そしてその顔を披露したところでモザイクがかかる。

f:id:DuctDust:20150613023512j:plain

有田「わいせつ物陳列罪みたいな顔でしたね」

出口「現行犯です」

 

次にナルシストとのつきあい方の話になり、プライドを傷つけられると感情が爆発するので、「言わせておけ」が基本になるとのこと。

井上「自分はそんなにプライド高くないほうですけどねぇ」という。

岸解説員「政治家にはナルシストが多い」といいはじめる。

井上「僕も政治家になれる資質があるってことですか?」

岸解説員「ぴったりだと思いますね」

井上「馬鹿にされているのか、褒められているのかわからない」

出口解説員「どっちもです」

 

 

やってまいりました全力リポートの時間。

今回は先週に引き続き、軍事ジャーナリストの井上和彦と、国史研究科の吉木誉絵。

今回は中古ブランドショップの特集である。

訪れたのは新宿にある「一風騎士 本店」。

外国人の方がたくさんいるのを見て「外国人といえば傭兵」と言い始める井上和彦

外国人の傭兵にとって人気のあるブランドといえば「AK47」。

カラシニコフと呼ばれる一丁10万円のもので世界でもっとも使われた軍事銃としてギネスにも載っている代物。

 

やってくる外国人は東南アジアの人が多い。

急激な経済成長で金持っているらしく、東南アジアの人が一年間に日本で使う金額は「2357億円」にもなるとのこと。

母親にプラダのバックをプレゼントする男性と話しているときに「プレゼントといえば中国では賄賂」と言い始める井上和彦

住民解放軍の連中は日本に来ると自分が昇進するために賄賂で買い物するとのこと。

 

日本で中古ブランドを買う理由は「安いから」「品質がいいから」という理由だとのこと。

日本には中古ブランドのセリ市があり、圧倒的な数が日本の市場に溢れているから品質の良い物を安く仕入れられるとのこと。

「品質といえば日本の潜水艦」といいはじめるのは井上和彦

そうりゅう型潜水艦は水中でも20ノットをだせ世界最強 最大なものだそうだ。

 

東南アジア人は目立つ色が好きらしく、タイではピンクがラッキーカラーなのでピンクが大人気。

タイの女性はおしゃれという話題から「おしゃれといえば糞尿よけ」といいはじめる吉木誉絵。

パリには下水道がなかったので、そこら中が糞尿まみれだった。

そのため滑って転ばないようにするためにできたのがハイヒールであり、悪臭対策に香水がつくられたとのこと。

 

話を続けようとしたところでタイ人の女性が「時間がないので」といって去ってしまう。

そこでリポートは終了。

 

スタジオに戻ってきてから有田は広瀬アリスにブランド品に興味あるか尋ねる。

「20歳になりたてなのでこれからかなという感じです」と答える。

そして20歳の写真を見せようとする有田。

二十歳の頃 (MEG-CD)

二十歳の頃 (MEG-CD)

 

 一番右が自分だという広瀬アリス

井上裕介が「さっきそれは広瀬すずだったぞ」とツッコム。

 

 

エンディングで土曜ドラマ「妄想彼女」の番宣をする広瀬アリス

土曜日というのは刑務所の中では免業日と呼ばれる日で、作業が休みの日だと言い始める出口解説員。

出所が近づいている受刑者はコンビニに買い物に行くなどの社会復帰を行うことがあるとのこと。

井上が「妄想彼女話わすれるわ~」というと、すかさず岸解説員が「免業日ということは妄想彼女が見れる可能性がある」と言う。

そして有田は広瀬アリスに「妄想彼女は受刑者のドラマなんですね」と尋ねる。

そして一言「ハイ」と答える広瀬アリス

井上が「共演者に謝りや」などと、のたまっていると最後に有田が「井上には言わせておけ」の一言で締めた。

 

 

うんち香水セット

うんち香水セット

 
カラシニコフ自伝 世界一有名な銃を創った男 (朝日新書 106)

カラシニコフ自伝 世界一有名な銃を創った男 (朝日新書 106)