サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

「マイナス50℃の世界」

ロシアに魅了されているので、またロシアの本を読んだ。

米原万里が初めてだした本の文庫版である「マイナス50℃の世界」を。

マイナス50℃の世界 (角川ソフィア文庫)

マイナス50℃の世界 (角川ソフィア文庫)

 

 訪れた場所はヤクート自治共和国(現サハ共和国)のヤクーツク

12月の平均気温がマイナス50℃というとてつもなく寒い場所である。

表紙を見てもらえばわかるがまつげが凍っている。

ちょいと外に出ただけでこうなる場所なのだから、その寒さは半端ない。

居住霧と呼ばれる人間の吐いた息や排気ガスがあまりの寒さで凍ってできる霧があり、こいつのせいで10メートル先が見えなくなったり。

真冬は川が凍り天然の道ができあがったり、釣り上げた魚は10秒で凍ったり。

 

次に向かったのはオイミャコンというマイナス70℃を記録したことのある場所。

なのに2ヶ月間だけある夏では38℃を記録したこともあるという。

えげつない温度差である。

ここに住むヤクート族の日々の暮らしは、冬は平均マイナス50℃だが室内は20℃だったりするので、70℃の温度差で生活するのが普通なのだという。

それでも、ヤクート族はソ連で2番目に長寿の地域だというのだから不思議なものである。

 

 

この異常な環境でも人間は生きていけるという感想を持ったのだが、ヤクート人からすれば「マイナス50℃程度」という感覚らしい。

マイナス50℃程度に何を驚いているのか?といった感覚なのだろう。

日本人で言えば 震度3程度の地震に何を驚いているの?といった感じだろうか。

環境に慣れたら「その程度」という感覚になるのは当然か。

 

 

この本はAmazonマケプレで購入したのですが、なぜかそこに新聞の切り抜きが入っていた。

しかもちゃんと「マイナス50℃の世界」が紹介されている記事の切り抜きである。

「ポケットに1冊」というコラムの切り抜きで、読売新聞がやっているものらしい。

わざわざ新聞の切り抜きまでしたのにそれを売ったのかと思わずにはいられない。

話は脱線するが、中古本の楽しさはこういうところにあると思う。

マケプレで買った本がサイン本だったこともあれば、本にパソコンのメモリが挟まっていたことや、中原中也記念館の招待券が挟まっていたこともある。

一体全体なぜそんなものを挟んで売ったのか非常に気になる。

こういった時々遭遇する品々が中古本の楽しみといっても過言ではない。

 

痕跡本の世界: 古本に残された不思議な何か (ちくま文庫)

痕跡本の世界: 古本に残された不思議な何か (ちくま文庫)

 
人間はどこまで耐えられるのか (河出文庫)

人間はどこまで耐えられるのか (河出文庫)