読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

「時間の不思議;」

科学

「時間の不思議; タイムマシンからホーキングまで」というタイトルのこの本。

時間の不思議というタイトルなので時間にまつわる話がたくさん書かれていると思うでしょう。

でも、時間の話というよりはどちらかといえば宇宙の話です。

 タイムマシンの話からはじまるので、ウラシマ効果とかワームホールを使ったタイムトラベルの話はあります。

でも、それ以降はずっと宇宙の話だね。

相対性理論から量子論、ビックバンからインフレーション大統一理論や真空の相転移不確定性原理や中間子、くりこみ理論や拡張されたピタゴラスの定理、虚時間やエントロピー、そして超ひも理論の超対称性の話にまでいきます。

ひとつのことにたいして長い解説があるわけではなく、少しずつ一気に説明していく感じの内容になっている。

 

 

この本読んで時間がどういうものかわかる、なんてことはないだろう。

個人的に思うことだが、時間について知りたいと思った時に求めるのが「人間にとっての時間」の人は、もっとわけがわからなくなるだろうし、求めていることと違うと感じるはずだ。

この本は「宇宙にとっての時間」の話をしているので、ビックバンやらインフレーションやらプランク時間や虚時間といった話がでてくる。

もう少し正確に言うと「時間」というくくりを使って宇宙について書いているわけだ。

 

 

一気に駆け抜けて宇宙について説明しているが、わかりやすいと思った。

だがそれはある程度知識があるからかもしれない。

時間はなぜ取り戻せないのか (PHPサイエンス・ワールド新書)

時間はなぜ取り戻せないのか (PHPサイエンス・ワールド新書)

 
時間はどこで生まれるのか (集英社新書)

時間はどこで生まれるのか (集英社新書)