読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

FF8 スコール一人旅 その1

久しぶりにFF8をプレイ中。

他のRPGやっても結局FF8に戻ってきてしまう。

それほどまでにFF8が好きなのはなぜなのかわからないが、やりたくなってしまうのだから仕方がない。

 

前回はスコール1人「とつげき」プレイを始めたんですが、途中で簡単すぎることに飽きてやめました。

なので、今回はレベル100のスコールで一人旅をしようと思ったわけです。

 

まず、とっととイフリートを仲間にして、バラム周辺でスコールのレベル上げと魔法集めを行いました。カード変化は禁止にしています。

ファイガ、サンダガ、ブリザガ、ケアルガ、ウォータ、スロウ、スリプル、サイレス、コンフュ、ストップ、クエイク、バーサクを100個集めました。

でも、レベル45まで上げた所でレベリングにあきてしまいました。

さて、どうしようかと思ったわけですが、ドールでの試験の時のボスはレベル上限が10ぐらいなので、レベル100にする必要がない。

なので、そのまま物語を進めることにしました。

 

お供のゼルとセルフィーのレベルあげをしなくても、ボスはレベル上限まで達成するので、とっとと進めました。

ビッグスからエスナを100個、エルヴィオレからダブルを100個、あとセイレーンをドロー。

 

蟹を殴って逃げて殴って逃げてを繰り返しながらアビリティを覚えて行きました。

これでドールは終了。

 

しかし問題はここからです。

次のボスである、グラナルドはレベル上限が100なので、スコールのレベルも100にしなければなりません。

ついでに、仲間もレベル100にしなければならないので、また地獄のレベリングが始まることになります。

スコールとキスティスのレベルを100にする必要があるわけです。

 

次にFF8 スコール一人旅の記事を更新するのはいつになることやら。