読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ「京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」

ゲーム

最近アドベンチャーゲームをちょくちょくやっている。

今回はニンテンドーDSで発売された西村京太郎のサスペンスもの。

 

ストーリー

主人公は「新 一新」。

3年前に父親が殺されたことによるショックで世界中を放浪していたが父親の探偵事務所をつぐことを決心して日本に帰ってきた。

だが、助手だった「京 明日香」は事務所におらず京都の旅館で働いているらしい。

明日香を説得して探偵業を手伝ってもらうために、京都へ向かう一新であった。

 

最初の殺人事件は、明日香が働いている旅館の女将さんが殺された事件だった。

 

2つ目の事件は、京都から東京へ新幹線で帰る途中に熱海で爆弾が設置されたということで緊急停車した。

そして、爆弾犯にされる一新だった。

 

3つ目の事件は、一新の父親が殺された事件の犯人を無罪にしてほしいという依頼が舞い込んできたところからはじまる。

この事件で3年前の事件の真相が明かされる。

 

 

操作性やシステム

タッチペンを使いながら登場人物と話し、移動して話をきいて証拠あつめて、また移動して証拠あつめて、時々推理して情報を整理して、また移動して証拠あつめてって感じ。

 

どこに行けばいいのかは、ビックリマークで表示されるので迷うこともなくさくさく進められる。

推理を失敗してもゲームオーバーがないので、気軽に間違えられる。

なので、難易度は超低い。

本編クリアまで6時間ほどだった。

 

 

お前としてWest Villageという推理ミニゲームがある。

本編のストーリーがまぁよくあるやつだよなぁといった感じにしか思えなかった私にとってはこっちのほうが面白い。

文章を読んで矛盾しているところを探したりなんだりするミニゲームが50個用意してあるのだ。

ただ50個やるためには本編をクリアしなければならない。

推理ミニゲーム集を単体で出してほしい。

 

 

 

西村京太郎サスペンス2 新探偵シリーズ 金沢・函館・極寒の峡谷 復讐の影

西村京太郎サスペンス2 新探偵シリーズ 金沢・函館・極寒の峡谷 復讐の影