読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

世間の評価は高いけど自分には全く合わなかったゲーム

世間の評価はめちゃくちゃ高いけれども、自分には全く合わないゲームというやつが数々あります。

この記事ではそいつらへの愚痴をまぜつつ紹介していきたいと思います。

 

まずは大神

 和なゲームといえばこいつと言われるほどの名作であり、普段ゲームをやらない層にも大人気で評価が高いのがこの「大神」である。

私に合わないのは戦闘が単純で、そもそも冒険的なものに興味がないから。

全然面白くなかった。

 

 

 お次はワンダと巨像

ワンダと巨像

ワンダと巨像

 

 これも評価がめちゃくちゃ高いゲーム。

雰囲気ゲーというやつで巨像の弱点を見つけながら倒すのが目的のゲーム。

馬にのって駆けまわるのは最初の5分間楽しかった。

だが、巨像を倒すのがクソ面倒臭い。

というか、このゲームは自分で巨像の倒し方を発見するゲームである。

捕まったりよじ登ったりして巨像の弱点を目指すゲームだ。

俺は剣でバッサバッサと敵をぶっ殺したいんだ!

ということで私にはまったく合わなかった。

 

 

お次は428

Spike The Best 428 ~封鎖された渋谷で~

Spike The Best 428 ~封鎖された渋谷で~

 

物語を読む系のゲーム。

街とかそういう系統の作品。

ある人物の話を進めていくと、別の人物の話が進むようになり、詰まったら別の人物の話を進めると解禁されてまた進めるようになるってのを繰り返して、物語の全体像がだんだんわかってくるというシステム。

ちゃんとクリアしてエンディングまで見たけれども、話が面白いと思ったことは一度もなく、いまではどんな話だったのかさっぱり覚えていない。

要するにまったく印象に残らない話をただただ読んでいたにすぎない。

 

 

お次はどうぶつの森

とびだせ どうぶつの森

とびだせ どうぶつの森

 

 ゲーム内の村だかなんだかで生活するゲーム。

何にも面白く無いよ。

よくわからない住民とコミュニケーションとって何が面白い?

生活を楽しむゲーム。

これと同様に面白く無いのがぼくのなつやすみ

 田舎で夏休みにやるようなことをやるゲーム。

虫とったりとかそういうことをやるゲーム。

何が面白いんだ?

夏休みを疑似体験させてくれるのが面白いのか?

まったくわからねぇ。

 

 

お次は世界的に人気のGTA

 犯罪をしまくるゲームというやつだ。

自動車うばって轢き殺したり、まちなかで銃ぶっぱなしたりとかそういうゲーム。

警察に追われてそこから逃げたりするわけだが、別にクリアとかそういうものがあるわけではない。

ゲーム内で目的なく犯罪をするゲームだと思ってもらえばいい。

まぁストーリーはあってミッションはあるんだけれども、そのミッションをクリアするのが別に面白くないのだ。

金かけてマップの細かいところまで作ったりしているが、それがどうした?って感じ。

こんなものは30分ほどやれば飽きる。

 

 

最後はモンハン

モンスターハンター4

モンスターハンター4

 

 もっさりと動きでモンスター達を狩るゲーム。

素材をあつめて武器を作って、もっと強いモンスターを狩りにいくゲーム。

何がいやかって動きがもっさりなところですよ。

アクションゲームに求めることがスピード感な私からすれば、このもっさり感は最悪のレベルであった。

 

 

 

いろいろ書いてきましたが、いろんなゲームをやることで自分に合わないゲームがわかってくるわけです。

動きがもっさりしたアクションゲームは合わない。

雰囲気ゲーは合わない。

生活系ゲームは合わない。

ノベル系ゲームは合わない。

などなど。

その反面、自分にあうゲームが見つかったときのハマりっぷりは半端ないことになる。

ゴッド・オブ・ウォーなんか一番難しいモードを10回以上クリアしているし、いたストDSに関しては総プレイ時間がとっくにカンストしていてもはや合計何時間遊んでいるのかさっぱりわからない。

というか、DSはいたスト専用機になっている。

そういうはまれるゲームとの出会いが最高のゲーム体験だと思っております。

 あ~面白いゲームやりたいね。

 

ゴッド・オブ・ウォー コレクション

ゴッド・オブ・ウォー コレクション

 
いただきストリートDS

いただきストリートDS