サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

「NINJA GAIDEN Σ+」をプレイし始めて1ヶ月経過

高難易度でおなじみのNINJAGAIDENΣのVITA版をプレイしはじめて1ヶ月が経過した。

ノーマルモードはクリアしたので、思ったことを。

慣れてくれば思った通りの行動ができるようになってくる。

そうなってからが最高に面白くなってくる。

敵をぶちあげてコンボ決めてからの飯綱落としという技につなげる感じが最高。

とにかく飛燕が気持ちいい。

絶技をうまく使って敵を蹂躙したときの楽しさ。

NINJA GAIDENが人気なのも納得である。

やりごたえがあってたまらんですよ。

 

ただ戦闘で死ぬのはいいが、道をうまく進むのに失敗して死ぬなんてのはやっぱり楽しくない。

敵をいじわるな足場に配置して先に進むこと自体を難しくするという、マリオみたいなゲームがやりたいわけじゃないんだ。

アクションゲームでやりたいのは華麗に敵をぶっ殺すことなんだ。

そんな場面が時々ある。

どうやら「2」ではそういうのが減っているようなので2を早くプレイしたい。

 

 

だが、1をじっくりやりこまないと2にはいかない。

まだまだ完璧に操れていないし、まだまだフルボッコされることも多い。

ハードモードでヒーヒーいっているようでは話にならない。

 

 

ところどころか細かいところで文句はあるが、アクションは最高。

敵を倒すことそれ自体が面白く、やりごたえは半端ない。

板垣さん天才だわ。

 

NINJA GAIDEN Σ2 PLUS

NINJA GAIDEN Σ2 PLUS