サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

「インセクツ」 でっかい昆虫大進撃

インセクツという漫画の話をしよう。

昆虫の細胞分裂段階で強制的に突然変異をおこさせる「ペレナドウィルス」の研究をしていたら、取り返しがつかないレベルにまで被害がやばいことになっていって・・・って話。

インセクツ (1) (バーズコミックス)

インセクツ (1) (バーズコミックス)

 

 そんな研究をしていた奴らはひどいやつらだと思いながら読み進めると、途中で昆虫巨大化の原因がペレナドウィルスの研究をしていた企業のせいではないということがわかってくる。

いったい誰の企みなのかは読んでもらうとしよう。

 

 

ところで、このインセクツは昆虫が大パニックを起こす。

突如隔離される地域。

すぐに配備される自衛隊

ウィルスによってでかくなっていく昆虫共。

対昆虫用に設立されていたエキスパート集団。

昆虫共に蹂躙される一般の人々。

ついに人と同じ大きさになる昆虫が出現。

自衛隊の人々もぶっ殺される。

どんどん大きくなる昆虫。

とにかくでかい。

 

 

そんな感じで話は進んでいく。

展開としてはよくある感じの展開なんだけど、それでいい。

昆虫共の気持ち悪さと強さがパニック度合いを高めていて素晴らしい。

だからこそ、ストーリーの展開はよくあるものでいいのだ。

 

 

インセクツ (3) (バーズコミックス)

インセクツ (3) (バーズコミックス)

 
インセクツ (2) (バーズコミックス)

インセクツ (2) (バーズコミックス)

 
インセクツR (4) (バーズコミックス)

インセクツR (4) (バーズコミックス)