読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

俺は文章を読んでいれば十分だから、別に本である必要はなかった

本を読む量が減ったんですけども、それで別に困ることもないんです。

そりゃあ文章読みたいなぁと思う時はあっても、そんなときはネットで軽く見ればそれで十分なんです。

考えてみれば本が読みたいと思ったことは一度もないんです。

文章が読みたいと思うことはあっても、本が読みたいと思ったことはなかった。

そして、「文章を読みたい」とは思っても「読みたい文章」はなかった。

 

もう一度読みたいと思う本など何一つなく、いつか売られるのを待っているだけの本達が私の部屋に並んでいるだけ。

ただすべてを売る踏ん切りはつかないだろう。

本を読んできた数年が無駄だったと断定してしまうような気がしてそれはできない。

もちろん無駄だったわけではない。

文章を読む行為そのものには意味があり、本一冊読むことでやっと理解できる複雑な知識というものが頭の中に入ったことは大きな糧になっている。

だから、簡単に本は売れない。

だが、ここに書かれている知識はいらないと思ったならば売ってしまうだろう。

これは本を外部記憶として利用しているためだ。

はじめて読む本は知識をインプットするための情報源である。

だが、一度読んだ本は必要なときに情報を引き出す外部装置になるのだ。

いらない情報が書かれた外部装置は必要ない。

だから手放すことができる。

 

 

さて、こんなことを書いてきたが結局何がいいたいのかといえば、文章読みたいということだ。

「もっと読みたい」と思わせる文章を書く

「もっと読みたい」と思わせる文章を書く