サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

そろそろマウスの寿命が終わりそう。入力デバイスには金をかけるタイプの

一体全体いつまでもつのだろう。

マウスってやつが壊れ始めるのは何度も経験しているから、わかるんだ。

ちょっと嘘をついた。

寿命を迎える前に新しいのに変えているので、正確にいうと寿命はしらない。

変えるタイミングはマウスホイールを下に回しても上にいったりなんだりしはじめたりしたときに変更します。

これがスムーズにいかなくなったら、もうストレスマックスになりますので、このタイミングで変更するのが絶対に正しい。

 

今現在使っているマウスも下にホイール回しているのに上行ったり、上にいくのと下にいくのがせめぎあってその場から動かなかったりしはじめました。

そろそろ変更のタイミングでございます。

もともと今使っているマウスはとっくにホイールクリックが反応しなくなっているので、ぶっ壊れるのはもうそろそろだと思っていたのでいいんですがね。

 

さて、マウスを選ぶ時に気にすることが何かといえば最低5ボタンはあることでございます。

なぜ5ボタン必要なのかといえばですね。

余分の2つにいろんな機能を割り当てられて、超便利だからです。

左クリックと右クリックとホイールクリックの3つだけでは物足りないんだ。

コピーと貼り付けの機能をボタンに割り振っていると便利なんですよ。

なんでかっていうとね。

文章読んでいて気になるワードが出てきたらコピーして、貼り付けして即検索するってのができるからね。

これが超便利。

いちいちキーボードでコピペなんかしてらんないよ!

だからボタンは多ければ多いほどいい。

 

ただ、ボタンが多いと値段が高い。

マウスに5000円も使ってらんないよ。

どうせぶっ壊れるし、Windowsはいつのまにか10まででてるし、何年も同じマウス使い続けるなんてできないわけだ。

そうなると、マウスというものは消耗品であり高いもの買う必要がない。

と、思っていた時期が僕にもありました。

 

違うんです。

入力デバイスはいいもの使ったほうがいいんです。

マウス、キーボードはいいもの使ったほうがいい。

これがクソだとパソコンの使い心地が本当にクソになる。

良い道具を使う事が大事って昔から言うじゃないですか。

やっぱり手で実際に触って使うものは大事にしたほうがいいわけですよ。

だから、入力デバイスにはいいものを使ったほうがいい。

 

マウスとキーボードには金をかけろ!

ついにで有線派です。

 

ELECOM レーザーマウス 有線 5ボタン ブルー M-LS13ULBU

ELECOM レーザーマウス 有線 5ボタン ブルー M-LS13ULBU