読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

くりぃむしちゅーのANN うんこを報告するメール

くりぃむしちゅーのANN 第68回のオープニングトークは、個人的にくりぃむしちゅーANN全159回の中で最も面白いオープニングトークだと思っている。

 

ことの発端はアンタッチャブル山崎とビートルズの歌を歌いながら高速道路を走っていたときのこと。

アンタッチャブル山崎が急に静かになり、普通のトーンで「そこのインターチェンジでうんこしてきます」と言い始めた。

アンタッチャブル山崎は、X-GUNのさがねに「おまえうんこくさいんじゃ!」と怒鳴られてボコボコにされ、「うんこ臭くてすいません」と謝ったことがあるという。

有田は「あいつはうんこトラブルが多いから」という理由で、うんこしたいという要望を無視してそのまま車を走らせた。

そうすると山崎はビートルズの歌に合わせて「便意~♪」などと歌い始めた。

 

都内にはいりビックカメラに着いたので2人でトイレに直行。

アンタッチャブル山崎は「うぅぅぅぅ。あ~。う、うわぁ」という声を出しながらうんこをする。

「すげぇ。はんぱねぇ」といいながらうんこをする山崎。

どうやら生涯ナンバーワンの糞がでたとのこと。

「今、腸ががら空きですわ。全部でたんでしょうね」などと説明をする山崎。

 

その後、二人で食事をしたのだが山崎は「有田さん、俺もううんこしたいですからね」と言い始める。

ビックカメラでしたからポイントがついたなどという山崎。

うんこしてきますという山崎に有田が「もう待てねぇ。何回お前のうんこに付き合えばいいんだ」って話になり、そのまま同じマンションに帰ることに。

そこから二人の話合いが始まる。

有田は「マンションの中でうんこするのをやめないか」と提案する。

もちろん山崎は「そりゃないです」と嘆願する。

そして出た結論は「うんこしたら報告のメールを有田に送る」というものだった。

うんこをしたら「しました」という内容のメールを送れ ということだ。

 

 

1日に1回送られてくる「しました」メール。

有田はこのメールが送られてくると「なんかわからないけどテンションがあがる」とのこと。

しかも、一緒のマンションに住んでいる(階は違う)のだが、有田へ部屋のトイレでうんこするのは禁止なので、山崎は一回自分の部屋のトイレに行き、「しました」メールを送ってからうんこしたての山崎は有田の部屋に戻ってくるという。

上田は「お前の部屋のトイレでやらしてやれや!」と当然のようにいう。

 

有田は「上田さんにも送らせましょうか?」と提案する。

上田は「絶対に送らすな!!」と断固拒否する。

 

もし山崎がうんこした後にメール送らなかったら言い付けてほしいと頼む有田。

嫌だよ!と拒否する上田。自由にしろと言う上田。

「なんすか、うんこは自由だみたいな言い方」と文句をいう有田。

すかさず上田は「自由だよ!!犬猫も自由にしてるわ! なんであいつ霊長類ヒト化なのに他人にしましたって報告しなきゃいけないんだ」と言う。

 

有田は「送られた方もすごいんですから、気持ちの昂ぶりが」と上田に熱弁する。

すると上田は「うんこをしましたって送られると興奮するのか? 完全にお前スカトロじゃねぇか!」とつっこむ。

その後も有田は「しました」メールへの謎の昂ぶりについて話す。

それを聞いて上田は「報告する山崎もおかしいけど、報告してもらいたがってるお前のほうがより理解できない」と言った。

 

 

文章だけでこのトークの面白さが伝わるかどうかはわからないが、うんこを報告するメールの話は本当にぶっ飛んでいて面白い。

何の意味もない報告メールを送らせる有田、律儀に送る山崎、有田の熱弁がまったく理解できない上田。

本当に面白い。

 

 

そのトークは5:40から。

youtu.be

 

 

くりぃむしちゅー語入門 (新潮文庫)

くりぃむしちゅー語入門 (新潮文庫)

 
くりぃむナントカVol.1 [DVD]

くりぃむナントカVol.1 [DVD]