読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

「じぱんぐ島」 PSで一番面白いボードゲームと言っても過言ではない

ずっとやりたかったんだけど、値段気になって避けていたのが「じぱんぐ島」。

じぱんぐ島 ベスト

じぱんぐ島 ベスト

 

中古で1000円ぐらいするんだ。

他のPSのボードゲームが1円とかで売っているのに、これだけ1000円するってのがね~。

だが、値段が面白さのバロメータになっていると言っていい作品。

 

ゲームのルールは「カタン」というやつらしい。

カタンをやったことがないからよくわからないが「じぱんぐ島」で検索するとカタンという説明がなされている。

 

マスに番号を割り振ってあって、サイコロふってその番号がでたら資源をGETできる。

で、資源を消費して道つくったり城つくったり、兵士作ったりする。

兵士で他のプレイヤーの城に攻め込んでうばったり、カード使って相手の城ランクダウンさせたりして、目標金額を達成するというゲーム。

 

これは面白いよ。

どこに城を建てると効率的か考えながら、資源を管理しつつ、時にカード引いたり、ときにマップの番号がすべて入れ替わったり、「いっき」起こされて資源奪われたりと、戦略と運が絡みあうのが素晴らしい。

 

ただし!シナリオモードに文句がある。

難易度が高いシナリオってのは、CPUが賢いとかそういうことじゃなくて理不尽なだけ。

CPUは城いくつももっている状態から始まるのに、こっちは1つだけ。

こうなるとサイコロの目が出るかでないかの完璧な運ゲーになる。

でたとしても城のランクが低いから資源の数も少ない。

だけどCPUは城がいくつもあるしランク高いものがすでに建っているから、どんどん資源がたまる。

その資源でどんどん領地拡大していきやがる。

もうなすすべもなくやられる。

 

どうやって対抗するかといえば、セーブ&ロードしかない。

いい感じに資源が集まったらセーブ。

ほしい施設ができあがったらセーブ。

うまくいかなかったらロード。

これを繰り返すしか無いんだ。

だからシナリオモードはクソといっても過言ではない。

そしてすべてシナリオをクリア。

4番目のシナリオが一番難しかった。

 

 

あ、ちなみにゲームアーカイブスで600円で売られているので、わざわざ中古で1000円出さなくてもゲームはやれます。

ぜひやってみてね。

 

 

カタン スタンダード版

カタン スタンダード版

 

 

じぱんぐ島

じぱんぐ島