読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

松浦亜弥の歌を聞き返していて思ったこと

音楽 雑文

中学生のころ松浦亜弥のファンだったので、CDとか買っていたんです。

で、10数年ぶりにドッキドキLOVEメールが聞きたくなったので部屋にあったCDをかけたんですよ。

いや、正確にいうと10年以上CDコンポに入れっぱなしのMDで聴いたんですよ。

中学生のころに戻ったみたいだった。

 

松浦亜弥のファンになったきっかけは、テレビのCMでドッキドキLOVEメールが流れているのをみて「良い!」と思ったからでいた。

ドッキドキ!LOVEメール

ドッキドキ!LOVEメール

 

 

単純に曲が好きだったんですよ。

当時は中学2年生になりたてのときで、これといってはまれるものがなかったので、何かハマれるものがほしかったんです。

そこに松浦亜弥がピタッとハマったというわけでございます。

 

 

 

で、10数年ぶりに持っているCDをすべて聞き返したんです。

それで思ったのは「恋愛の歌ばっかりで吐きそう」ということでした。

もうこれでもかってぐらい恋愛の歌ばっかりで、なんかもう胃もたれしそうだったよ。

 

そもそもアイドルはなんで恋愛の歌をこれでもかってくらいぶち込んで来るんだ?

恋愛禁止のくせに恋愛の歌をぶっこむってどんなけブラックな仕事なんだって話です。

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

 

 

 

松浦亜弥の話に戻りますが、個人的に松浦亜弥のDVDで好きなのは、ライブではなくて

美・少女日記というやつです。

松浦亜弥 美・少女日記 I [DVD]

松浦亜弥 美・少女日記 I [DVD]

 
松浦亜弥 美・少女日記 II [DVD]

松浦亜弥 美・少女日記 II [DVD]

 

 松浦亜弥がちょっと変な女の子を演じていて、なんかよくわからない作品なんですよ。

でも、なんか独特の空気感がすごく好きなんですよ。

登場人物も松浦亜弥以外ほとんど出てこない自分の世界に浸りっきりの少女の作品なんです。

 

 

なんで2016年に松浦亜弥の記事を書いているんだろう。

結婚して子供も生まれたってのに、なんで俺の松浦亜弥の印象は中学生のころで止まっているんだろう。

まぁそのころの松浦亜弥にハマっていただけのことで、それ以降の松浦亜弥についてはさっぱり興味がないのが原因からかな。

前期のニーチェは好きだけど、後期のニーチェは好きじゃないみたいなものかな。

ツァラトゥストラかく語りき (河出文庫)

ツァラトゥストラかく語りき (河出文庫)

 

 

 

 

こういうごちゃまぜな記事がずっと書きたかった。

この方向性でいきたい。