サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

VHSで映像みたりMDで音楽聴いていたらタイムスリップした気分

普段の生活にVHSやMDを取り入れてみてください。

タイムスリップした気分になれます。

ここで大事なことは、昔使っていたものを使うということです。

 

私はレコードを使ったことがないのでレコードを使ってもタイムスリップした気持ちにはなりません。

なぜなら「懐かしい」という感情が喚起されないからです。

白黒の映画を見てもそれが初めてみる作品なら「懐かしい」とはならないのと同じです。

 

自分が昔使っていたものを使うことで起こるタイムスリップ感覚は、まさに昔に戻るという感覚です。

昔使っていたCDコンポでMDに録音した音楽を聴いている時なんてのは完璧に中学生のころに戻るわけです。

戻ったからなんだ?ってちょっとだけ思ったのですが、現実を生きるのが辛いならば昔に戻ったっていいじゃないか。

何も更新されない過去に戻ったっていいじゃないか。

「現在」は更新され続ける最先端なんだ。

ならばどこかで過去に戻って最先端を拒否したっていいじゃないか。

そのまま時代に逆行していってもいいじゃないか。

まぁ別に昔の製品使わなくても、昔聴いていた音楽聞くだけでタイムスリップした気分にはなれるんですけどね。

SANSUI 再生専用ビデオデッキ VHSビデオプレーヤー RVP-100
 

 

 

 

音楽のすごいところは、脳内再生できるところですよね。

映像もですが。

味と匂いは脳内再生できない。

なんでできないかといえば、物質が必要だから。

音は空気の振動だし、映像は光の波長だから物質がいらない。

味と匂いはどうしても物質が必要になるから脳内再生できないんだよね。

でも、前に一度だけただ音楽聴いていただけなのに、口のなかで鰹節の味がしたことがあった。

あのときは、ついに物質の壁を乗り越えた!と思ったけど、そのとき以降ないからトンネル効果で突き抜けただけで壁は乗り越えていなかったんだなぁと思う。

巨視的トンネル現象 (新物理学選書)

巨視的トンネル現象 (新物理学選書)