読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

「ひとり暮らしのOLを描きました」 つらい・・・

ひとり暮らしのOLを描きました|WEBコミック ぜにょん

WEB漫画だ。

とてもつらい漫画だ。

 

1話を読んでもらえばわかる。

つらい・・・。

 

1話を読んでも辛さがわからない人はこの作品を読んでも「わからない」で終わるだろう。

私は1話を読んでわかってしまった。

つらい・・・。

 

昔、会社の研修で大阪にいたときの話。

会社に行くのが嫌で嫌でたまらなかった。

ある日の朝、テレビでムーミンがやっていたからみていたら心にくる話だった。

いつもの自分なら「そういう話か」で終わるのだが、その時の私は辛くなって泣いてしまった。

ムーミンをみて泣いてしまったんだ。

1話でそれを思い出した。

つらい・・・。

 

 

昔、ゲームセンターにUFOキャッチャーをやりにいったときの話。

その日は休日で、子供連れの親子がたくさんいた。

そこにリクルートスーツを着た見るからに疲れている女性がひとりいた。

その人はキティちゃんのぬいぐるみをとろうとしていた。

私はその光景を見たとき心のそこから「幸せになってほしい」と思った。

誰かも知らない女性なのに「幸せになってほしい」と思ったのだ。

「ひとり暮らしのOLを描きました」と、その女性がものすごくかぶるんだ。

だから、つらい・・・。

 

 

 

そんなつらい作品である「ひとり暮らしのOLを描きました」だが、その中でも第5話は救いである。

ひとり暮らしのOLを描きました|第5話 仕事帰りにコンビニでハー○ンダッツを買って帰ってきた一人暮らしのOL/第6話 明日の仕事に備えて寝ることしかできなくなったひとり暮らしのOL|WEBコミック ぜにょん

 

ハーゲンダッツを買ってきて楽しそうな主人公の女性。

すごくいい。

小さなことで喜んでいる姿がすごくいい。

つらい生活をしていても喜びを感じられる。

それがすごくいい。

 

そういう小さな喜びをいくつも見せてくれるだけでもいい。

いや、むしろそういう作品であってほしかった。

つらい話は本当に心にくるから、読みたいけど読まないほうがいいと思ったりする。

つらい・・・。

 

数年ぶりにこんなつらい気持ちになってしまった。

つらい・・・。

 

ひとり暮らしのOLを描きました 1 (ゼノンコミックス)

ひとり暮らしのOLを描きました 1 (ゼノンコミックス)

 
かえるのピクルス ダイカットキーホルダー 気球

かえるのピクルス ダイカットキーホルダー 気球