読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

どうやら死を考えすぎていたようだ

いつか死ぬということを念頭に置いて過ごしていた。

どうせ死ぬからやる気がでないし、どうせ死ぬから我慢をしたくなくなる。

どうせ死ぬのに辛い生を続けるのは嫌なんだ。

どうせ死ぬのに。

いつしかそれが普通になり「死ぬのに本気になどなれない」と思うようになった。

それはそれで楽なのだ。

どうせ死ぬのだから、何も成さなくても平気でいられるのだから。

 

 

死んだらすべてが無駄になるという気持ちがすべての思考に根をはり、何もかもが一時的なもので、何もかもが流動的なもので、確固たるものなど死以外にないといった思考がめぐりめぐる。

死が隣りにへばりついた人生を過ごしていた。

 

耐えられないほど辛いならば死ねばいいという解決方法をとることを決意するし、辛い思いをするぐらいなら逃げるし、逃げて駄目だったならば死ねばいいと思うようになった。

どこかで踏ん張るということができなくなっていた。

「死ぬわけにはいかない」という状況になれば変わるかもしれないと思っていたが、そういった状況になったら簡単に死を選びそうな自分がいて、自らその方向へはいけない。

 

何年も死を考えて生きてきた私にとっての自由は「死にたい時に死ねること」だった。

自分の意志で自分を殺せる状態が自由だった。

それができない状況になるのが怖かった。

 

 

たまに目にするのに「今日が人生最後の日だったら何をするか」という文章がある。

今日が最後なら、今日が最後なら。

その言葉が良い効果をもたらすのは、何かしらやりたいことがある人間にだけだ。

いつか死ぬから何もしない人間にとって「今日が最後」という言葉は何も良い効果を発揮しない。

そもそも精神的に強くなく自殺を何度か考えたことがある人間が、メメント・モリを意識していたら、いつまでたっても死に足を引っ張られるだけだったのだ。

死ぬのにやりたいことなど特にない。

死ぬのにやり残したことなど別にない。

今日が最後だと毎日思って生きていたら、何もしないままだ。

 

 

どう考えても「死」について考えすぎていたのだ。

私の人生には死がこびりつきすぎている。

どうせ死ぬのは仕方がないとしても、わざわざそれを考えつづける必要はない。

自分が死ぬという事実を考えることを保留にする。

すぐには「生きたい」という強い気持ちを持つことはできない。

だが、死について考えるのをやめることはできる。

自分が死ぬということを考えたところで得られるのは「死への覚悟」だけだ。

生への希望は湧いてこない。

 

 

死を考える100冊の本

死を考える100冊の本

 
生と死を考える (生と死を考えるセミナー)

生と死を考える (生と死を考えるセミナー)