読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

瞑想やったら睡眠時間が減った

睡眠時間を短くしたい願望は昔あったんですよ。

だって、平気で9時間寝るというか、9時間寝ないと調子がでないというロングスリーパーだったので、短くしたかったんです。

でも、何をやっても睡眠時間を短くすることは出来ませんでしたよ。

しょうがないと諦めていましたし、睡眠時間短くすることなんか頭の片隅にすらありませんでした。

ですが、瞑想を始めたら睡眠時間が減ってきました。

その瞑想法はヴィパッサナー瞑想です。

 

 

ヴィパッサナー瞑想というのは、簡単にいえば「思考を停止する」瞑想なんです。

脳というのは、暇があればあれこれ思考を始めようとします。

それを実感するのは簡単です。

1分間何も考えないでください。

間違いなく無理でしょう。

必ず何か思考が浮かび上がってきます。

脳はすぐに何かを思考したがるわけです。

ヴィパッサナー瞑想はそれを停止するために行う瞑想なのです。

 

 

では、なぜヴィパッサナー瞑想をすると睡眠時間が短くなるのか。

あくまで私の考えですが、思考をする時間が短くなることで睡眠時間が短くなると思っています。

睡眠というのは、脳の整理の時間でもあります。

記憶を整理したりするわけです。

ということは、思考をたくさんすれば、記憶の整理に時間がかかり、睡眠時間は増えることになります。

なら逆に、思考を停止すれば記憶の整理にかかる時間は減るので、結果的に睡眠時間が減ることになります。

ヴィパッサナー瞑想をすれば一日にする思考の量(無駄な思考)が減るので、睡眠時間も減ると思うのです。

 

 

どれぐらい睡眠時間が減ったかといえば、9時間睡眠が必要だった私が、ヴィパッサナー瞑想を始めたら6時間で済むようになりました。

ロングスリーパーの特徴は、内向的でストレスをためやすいというもので、私もばっちりそれに当てはまるのですが、それは要するにあれこれ考えすぎてしまうというのが原因なのでしょう。

ならば「考えすぎてしまう」のを停止したら、ロングスリーパーの特徴を改善できるわけです。

このことからわかるのは、いかに自分は無駄な思考をしていたかということです。

睡眠時間が3時間も長くなるほど無駄な思考をしていたというのは、自分でも本当に驚きました。

しかも、その思考でストレスをためていたと考えたらなんとも馬鹿けたことをしていたと思わずにはいられません。

 

ヴィパッサナー瞑想を始めた理由は、思考を停止して無駄に不安になったり悩みをださなくしたりするために始めたのですが、まさかその効果が睡眠時間として如実に現れるとは思いませんでした。

 

 ↓私が読んで実践しているのはこの本に書かれている「歩く瞑想」と「座る瞑想」です。