読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

グレッグ・イーガンからの卒業

現代SF界の巨匠ことグレッグ・イーガン

あるときは、量子力学波動関数の収縮の逆現象「波動関数の拡張」のアイデアで世界をカオス中のカオスにし、

またあるときは、塵理論によって永遠の寿命を作り出す。

ときには難解な物理学を駆使してわっけのわからない話を作り出し、ときどき数学SFなんてものを読ませてくる。

兎にも角にもおっかなびっくりなアイデアで読者に刺激を与えるSF作家なのが、グレッグ・イーガンだ。

 

 

一つ言っておきたいのは、知識がないとグレッグ・イーガンのSFを読んでも理解できないだろうということだ。

というか、ある程度知識があっても理解できないことも多い。

難易度高すぎてわからない話があるので、そういうときは理解できないという絶望を味わえばいい。

最初からわけがわからない話をしているのが円城塔だとすれば、グレッグ・イーガンの小説はそういうことではない。

算数やら中学生レベルの数学は出来ても大学レベルの数学は簡単に理解できないだろう。

そういう感じの難しさだ。

 

グレッグ・イーガンの小説というのは理解できるか「挑戦」する作品なのかもしれない。

理解できればとびっきりの体験を得られる。

さぁ、グレッグ・イーガンの小説を読もう!

私はもう諦めたので、卒業する。

 

しあわせの理由 (ハヤカワ文庫SF)

しあわせの理由 (ハヤカワ文庫SF)

 
クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

 
ディアスポラ (ハヤカワ文庫 SF)

ディアスポラ (ハヤカワ文庫 SF)

 
祈りの海 (ハヤカワ文庫SF)

祈りの海 (ハヤカワ文庫SF)

 
ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF)

ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF)

 
順列都市〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

順列都市〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

 
順列都市〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

順列都市〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

 
プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)

プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)

 
宇宙消失 (創元SF文庫)

宇宙消失 (創元SF文庫)

 
万物理論 (創元SF文庫)

万物理論 (創元SF文庫)

 
ひとりっ子 (ハヤカワ文庫SF)

ひとりっ子 (ハヤカワ文庫SF)

 
TAP (奇想コレクション)

TAP (奇想コレクション)

 
スティーヴ・フィーヴァー ポストヒューマンSF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)

スティーヴ・フィーヴァー ポストヒューマンSF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)