読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

水曜どうでしょうを浴びるように見た

テレビ

去年の8月に水曜どうでしょうを見始めたんですよ。

そこからもう9ヶ月経つわけですが、かなり水曜どうでしょうを見ました。

BGM代わりに流したり、やることなくなったら水曜どうでしょうみたりしてました。

 

そんな数ヶ月を過ごした私が思う水曜どうでしょうの面白い回を紹介していこうと思います。

 

 

四国八十八ヶ所巡礼の旅2 第二夜

 四国八十八ヶ所巡礼の旅は全部で3回行っているわけですが、その2回目の第二夜が面白い。

 どこかというと、自動車で移動中に大泉洋が突然大きな声で歌を歌い出すシーンが流れる。

 そして大泉洋が「鼻歌を歌ったりしないのかい?」とディレクターに聞き出す。

 そこから始めるディレクターの大泉洋の歌への不満。

 「鼻歌程度ならいいけども、突然思い出したかのように大きな声で歌い出して、しかも最初から歌うわけでもなく途中から始まって途中で終わるのを聞かされるこっちのみにもなってみろ」というような文句を言う。

 それにたいして大泉洋は「みんなを元気づけるために歌っている」と主張。

 双方言い合いの結果、「歌を聞かされても元気にはならないが、歌いたいなら歌ってもいい」という結論になる。

 そして「たまにはリクエストを受け付けたほうがいいかな?」と大泉洋がいい、ディレクターがマイケル・ジャクソンをリクエストして、そこから大泉洋マイケル・ジャクソンが披露される。

 このマイケル・ジャクソンが面白い。

 ディレクターに「黙れ!」と言われるほどひどいが面白い。

 

 

・激闘!西表島 第一夜

 牛追い祭りにスペインまで行くかと思わせて、実はむし追い祭りだったというオチの企画発表を経て、石垣島に到着。

 石垣島の宿で酔っ払って寝ていた大泉洋が起きたら文句ボヤくボヤく。

 泊まる宿が一泊3000円だの、せめて社長の部屋はとってほしかっただのとボヤく。

 酔っぱらった大泉洋のボヤキがとにかく良い。

 ちなみに、この第一夜ではまだ西表島につかない。

 

 

 

私的にはこの2つが大変面白い。

あとは、ブンブンで照らされながらウンコとかそういうところも面白いです。

水曜どうでしょうを是非みていただきたい!

 

 

 

水曜どうでしょう 第8弾 激闘!西表島 [DVD]

水曜どうでしょう 第8弾 激闘!西表島 [DVD]