読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

悟り開くためのハードル高すぎるから輪廻転生持ちだしたのか?

仏教

釈迦の教えってやつについてあれこれ本を読んでみたんですよ。

そうするといろんなことを言うわけですなぁ。

 

・怒りや嫉妬などの感情があると心が清らかにならない

・五感から生じる快感に執着すると心が清らかにならない

・生きたいという欲望(存在欲)があると心が清らかにならない

・死にたいという欲望があっても心が清らかにならない

・存在欲をなくすために寄付するといい

・他人への慈悲の心を持つと心が清らかになる

・殺さない、盗まない、悪口言わない、うわさ話しない、嘘をつかない、無駄口たたかない、妄想して怒らない、妄想して欲しがらない、間違った考え方をしない、邪淫しない これらを行うと心が清らかになる

・これらのことを行い、しっかりと瞑想することで悟りが開ける

・ただし「悟りを開きたい」と強く思うとそれは欲望になるので、いつまで経っても悟りは開けない

 

と、まぁこんな感じで心が清らかになるためにはこんなことが必要になるんですよ。

で、見てもらえればわかりますがめちゃくちゃハードル高いでしょ。

五感から生じる快感に執着しないとかめちゃくちゃしんどいでしょ。

美味しいものを強く求めるな、美しいと思うものを求めるな、心地いい音楽ばっかり聞くな、いい匂いにばっかりひたるなって感じのことですからね。

で、そこまでやって得られるのが「心が清らかになって悟りを開ける」ってことなわけですよ。

なんといえばいいのか、ハードル高いわりに得られるものが弱すぎないか?と思うわけですよ。

ここまでやって得られるのは悟りだけなのか、と。

 

 

そんな感じのときにね、

講義ライブ だから仏教は面白い! (講談社+α文庫)を読んだわけですよ。

そこに「釈迦はカルマが輪廻転生すると言っていると思う」みたいなことが書かれてたわけですよ。

要するに輪廻転生はあるんだってことですよね。

 

で、なんで輪廻転生なんか持ちだしたのかちょっとわかったというか納得できたんですよね。

だって、よくわからない悟りを開くために↑で紹介したハードルをこえようと思うやつがどれだけいるんだって話になるわけですよ。

そこで輪廻転生するみたいな話を持ちだせば、高いハードルを超えようと思うやつが出てくると思うんですよ。

悟りを開くと心が清らかになるだけでは動機として弱いんですよ。

悟りを開くと輪廻転生の輪から逃れることが可能 とまでいけば動機としては十分になると思うわけです。

まぁ何かを得ようとする時点で欲望にまみれているので仏教的にはダメなんでしょうけどもね。

 

 

あれよね。

輪廻転生から逃れるために悟るとかどうでもいいと思うわけですよね。

というか、輪廻転生があるかどうかわからないわけしょ。まぁないと思いますけども。

あるかどうかわからないものにたいして↑に書いたようなことをやる気にはなれないね。

まぁ欲望がないほうが楽なのは間違いないし、執着なくすと楽なのは間違いないですから、そういうのは意識していきたいですね。