サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

外部からの刺激がないと退屈

人間、椅子に静かに座り続けることは出来ないくせに椅子に座ってパソコンの前でインターネットをするのはやり続けられる。

というのは、外部からの刺激が常にあるからにほかならない。

新たな情報、知識、映像、インターネットを通して刺激が幾重にもやってくる。

だからこそ椅子に座っていられる。

だが、それは静かに座っているわけではない。

外部からの刺激が矢継ぎ早にやってくるから座っているにすぎない。

 

結局、人生というものは外部からの刺激を求め続けるものにしかならない。

美味いものを求め、趣味に没頭するしかない。

「それらをやめよ」といったのが釈迦だった。

「そして瞑想せよ」といったのが釈迦だったのだ。

瞑想すれば外部からの刺激を求め続ける人生から脱却できると説いたのだ。

 

 

うまくいくかどうかは知らないし、刺激を求め続ける人生が悪いものだと断言もできない。

ただ「我々は外部からの刺激がなければ退屈でたまらない」という心境になってしまうことを知っておくことは大事であろう。

人類ほぼ全員が刺激ジャンキーであると言えるのだ。

私ももちろん刺激ジャンキーである。

できれば抜け出したいところだが、先はまだまだ長そうである。

途中で諦めて刺激ジャンキーとして生きていくほうをとる可能性が高いことも自覚している。

 

ただ坐る 生きる自信が湧く 一日15分坐禅 (光文社新書)

ただ坐る 生きる自信が湧く 一日15分坐禅 (光文社新書)