サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

ガラナ系エナジー炭酸飲料 「ドデカミン ブラジリアンエナジー」

 

炭酸飲料のジャンルのひとつに「ガラナ」というものがある。

ガラナはアマゾン流域に生息する植物で、ブラジルではこのガラナを使った炭酸飲料がコーラ並に人気なのである。

そのガラナドデカミンが合体したのが「ドデカミン ブラジリアンエナジー」なのだ。

 エナジー系炭酸飲料にとって重要なのは、糖分とカフェインである。

糖分は脳のエネルギーとして、カフェインは脳を覚醒させるために必要で、この2つが主な効果を与えてくれるのだ。

というか、コーヒーに砂糖いれて飲むのと対して変わらないといえば変わらない。

ただ、エナジー系炭酸飲料の場合は他にも栄養素がいろいろ配合されているのが重要になってくる。

それらの栄養素もサプリや食べ物でとったほうが良いのだろうが、脳を覚醒させるついでに栄養素もとれるというのがエナジー系炭酸飲料の良さなのだ。

 

 

前置きが長くなったが、ドデカミン ブラジリアンエナジーの話に戻ろう。

カフェインの量は10mgとレッドブルとくらべて8分の1しかない。

だが、カフェインは多ければいいというものではないので10mgぐらいがちょうどいい人もいるので少ないから駄目というわけではないことを強く強調しておきたい。

 

ほかにもアルギニンが配合されている。

精液を作り出すときに使われる非必須アミノ酸だ。

一日に2~4g摂取すると良いとされているわけだが、ドデカミン ブラジリアンエナジーには2.5mg含まれている。

雀の涙ほどの量しか含まれていない。

ドデカミン ブラジリアンエナジーに含まれる量の1000倍が必要だ。

なので、アルギニンを摂取したいなら他のものから摂取するほうが良いだろう。

 

というか、前々から私はエナジー系炭酸飲料で栄養素を摂取しようとするのはどうでもいいことだと思っている。

圧倒的に量が足りない場合が多い。

ビタミンなどの場合は足りていることが多いが、サプリからとったほうがいいと思う。

最初にも書いたが重要なのは糖分とカフェインで、この2つが摂取できる飲み物であることが重要である。

なので、エナジー系炭酸飲料に含まれる栄養素には期待せずに糖分とカフェインを摂取するのを主な目的とするのが良いだろう。

 

 

最後にドデカミン ブラジリアンエナジーの味について書いておこう。

まず、ブドウ糖だけでなく人工甘味料が含まれているのでそれ系の味がしっかり舌に残る。

ガラナの味はガラナの味としか言いようがないので飲んでもらうしかない。

個人的にはさほど好きな味ではない。