読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

知的な人は減り馬鹿が増えた世界 「26世紀青年 ばかたち」

馬鹿なヤンキーはバンバン子供作る。知的な人は子供を作らない。

そんな状態が26世紀まで続いた世界が舞台の映画が「26世紀青年 ばかたち」だ。

 

26世紀青年 [DVD]

26世紀青年 [DVD]

 

 ・あらすじ

軍が優秀な人材を未来で活躍できるようにするために作り出したコールドスリープ装置。

その実験に選ばれた主人公と、民間人の女一人。

本来は1年後に目覚める予定であったが、軍のやつが売春で捕まってなんだかんだで軍の施設そのものがなくなった。

そのときコールドスリープ状態のまま放置された主人公と女。

 

26世紀の世界でゴミの雪崩が起きた際にやっとコールドスリープ機能が停止。

ついに目覚めた主人公だったが、世界のあまりの変わりように愕然とする。

人々が馬鹿すぎるのだ。

なぜなら、何世紀にも渡って馬鹿ばかりが子供をたくさん作ったからだ。

 

 

・感想

もうね、馬鹿を描いているだけの映画。それだけ。

何が面白いんだかさっぱりわからねぇ。

ただただ馬鹿を見て何を思えというのだろうか。

馬鹿をみて楽しいか?

あぁ、そういえばテレビでもクイズ番組で馬鹿を観察するのが人気だったな。

馬鹿を見て楽しいと思う人はこの映画みて、笑えばいいんじゃないかな。