サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

落ちる。とにかく落ちるゲーム 「Downwell」

Downwellというインディーズゲームがある。

どんなゲームかといえば「落ちる」ゲームだ。

とにかく落ちていく。

下に向かってジャンプする。

敵が出てくるので踏みつけて倒したり、真下に向かってショットをぶちかまして倒したりして、HPがゼロになる前にゴールにたどり着くのが目的のゲームだ。

ゲームの目的はそれだけだ。

だが、それでいいではないか。

マリオだってピーチを助けるという目的はあるが、プレイしているときにそんなことは気にもしないだろう。

ただ、ステージをクリアしたいんだ。

それと同じで、Downwellもただ落ちていくんだ。

クリアするために落ちるのだ。

理由なんていらない。

ただ落ちるのだ。

 

 

もう少しゲームについて書いておこう。

ガンブーツという真下にショットをぶちかませる機能があり、これによってこのDownwellは凄まじく面白いゲームになっている。

ショットをうつと落下のスピードが遅くなる。

ショットにもいろんな種類があり、ショットガンやレーザービームなどがあり、それらは道中に拾うことができる。

しかも、この道中武器を拾った際にHPが回復したり、武器の使用容量が増えたりするアイテムを同時に手に入れられる。

だから、道中は積極的に拾っていったほうがいい、と思いきやそういいきれるものではない。

というのも、武器の性能には差があり、使いやすいものと使いにくいものがある。

レーザービームはだいたい一発で敵を倒せるが、マシンガンは何発もあてなければならない。

ただしレーザービームは連続で何発も使えないが、マシンガンは弾数に余裕がある。

これらの特性を理解していないと、使えない武器のせいで敵が倒せずダメージをくらってしまうことが多々ある。

 

 

というか、このゲームは落ちればいいのだから、敵なんて無視して避け続ければいいのではないか?と思うかもしれないが、そんな簡単なゲームではない。

避け続けられるなんてのは土台無理な話。

だから、敵を倒して進んでいくのだ。

敵を倒せばジェムが手に入る。

ジェムを一定量連続で手に入れるとジェムハイモードとなり、武器の攻撃力があがる。

ほかにも道中の店で買い物するときにジェムは必要になる。

HPを回復したり武器の使用容量を増やしたりできる。

これによって、道中敵を倒すことで回復アイテムを手に入れて深くまですすめるようになるか、それとも敵を狙いすぎて逆にダメージをくらってしまうか。

そんなことに陥るのだ。

 

ステージクリアごとにパワーアップアイテムを入手できるのだが、これはランダムに3つから選ぶことができる。

ジェムが集まってくるようになったり、ステージの最初に必ず店が出るようになったり、敵の死骸を一定量食べるとHPが回復するようになったり、道中拾える武器を一度だけ変えられるようになったりと、アイテムの効果はいろいろあるので、その都度その都度選ぶアイテムによってクリアまでの難易度も変わってくる。

 

 

最初にスタイルを選ぶことができる。

HPは多いがステージクリアのパワーアップアイテムが3つから2つに減ってしまうスタイルや、ふわふわした挙動となり落下スピードが変化するスタイルや、武器ばっかり出てくるようになるスタイルなどがある。

これもまたスタイルごとに挙動や攻略法が変わってくるので楽しい。

 

 

コンボの要素についても書いておこう。

敵を踏んづけて倒したり、ガンブーツで撃ち殺したりしているとコンボがつながる。

どうなるととぎれるかというと地面に着地してしまうと途切れてしまう。

要するに、空中コンボをやっている限りはコンボがつながるのだ。

コンボの数によってはジェムにボーナスがついたりHPが回復したりする。

コンボをしながら進んでいくのも楽しいが、狙いすぎると敵に変な角度でぶつかってダメージくらったり、踏めない敵をフンでしまったりして逆に死ぬことにつながる。

 

 

・まとめ

ゴールに向かって落ちていくゲームであるが、敵を避け続けるのは無理なので倒しながら進む。

道中拾える武器を選択しつつ、HPの量に気をつけながらパワーアップアイテムを選択して落ちていこう。

 

 

 

・感想

面白い。面白いが難しい。

このゲームを初めて2ヶ月経つが未だにクリアしたことがない。

単純に下手なだけの可能性が高いが、別にいい。

とにもかくにも、何度も何度もチャレンジしてしまう。

なぜなんどもチャレンジするのかといえば、爽快感だろう。

このゲームには爽快感があるのだ。

それがやみつきになるのだ。

 

iOSやsteam、PSVITAなどで買うことができるので是非やってみて欲しい。