読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

宇宙はいつか滅びるからすべてが無意味

雑文

すべてが無意味だと思ったのは、タイトルのことを思ったときでした。

生きる意味といったものを誰もが考えると思うのですが、意味を求めていっても必ず終わりがやってくることを理解するわけです。

 

子孫を残すことが生きる意味だとしても、いつか宇宙は滅びるのだから子孫もいつか途絶える。

だから意味がない。

何かを残したとしても必ず終わりがやってくるのだから意味がない。

どれだけ科学技術が発展して寿命が長くなろうが、宇宙が滅びる限り意味がない。

何をしても意味がないことに気がついたが最後、充実感はやってこない。

人生にやる気はでない。

 

こんなことをいうと「意味がないならただ楽しく過ごせばいいじゃん」と言われることがある。

そうじゃないんだ。

意味がないから何もかもが無価値になってしまうから、楽しいことすらも無価値に思えて心から楽しくなれないのだ。

すべてが無価値だから楽しいことも悲しいことも無価値なのだ。

だから、人生にやる気などでないのだ。

 

 

人生にやる気がでないのに、苦痛は襲ってくる。

やりたくないことは山積みで、辛い経験はいくらでも押し寄せてくる。

不安と恐怖はいつまで経ってもなくならない。無価値と知っていてもやってくる。

 

 

人と人とが支え合いながら生きている。社会を形成している。

いつか滅びるとわかっているのに、なぜ?と思わずにはいられない。

だからといって、今すぐに死ぬのも怖い。

生きることに意味はないが、死ぬことにも意味がない。

もはやどうすればいいのかわからない状況が続いている。

どうしたいのかもわからない。

 

 

 

 

人生なんて無意味だ

人生なんて無意味だ

 
人生に生きる価値はない (新潮文庫)

人生に生きる価値はない (新潮文庫)