読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

意味と価値から無駄へ移行した

雑文

意味や価値ばかりを求めていた日々も終わり、無駄なことを実行中の日々でございます。

今までの人生とは意味や価値があると思える行為や物だけを意識していました。

無駄は悪と考えていたと言い換えてもいいでしょう。

意味と価値で一つずつ自分の価値観を固めて行き、いつしかガチガチに固まってしまっていました。

ただ、どうしても「生きる価値」だけはわかりませんでした。

価値観の円があるならば、中心部分の「生きる価値」のところが固まっていなかったのです。

どう頑張ってもそこだけは固められなかったのです。

周りは意味と価値で固められていたため、長い間その価値観は崩れませんでした。

ですが、意味と価値で固められた価値観の円は、中心が不安定なため崩壊するのは時間の問題だったのです。

 

 

生きることに意味も価値もない。

もしそこに意味を見出そうとすると、「死」の問題を乗りこえなければならないのです。

死んでしまうということにどのように意味を見出すのか。

そこでは魂は不滅と考えたり、輪廻転生を導入するといった方法をとるわけですが、これらは事実かどうかというより信じられるかどうかという問題になります。

結局のところ、死ぬということ、無になるということに意味を見出だせない限り、生きることに意味はないという結論になります。

 

生きることに価値がないならば、結局すべてに価値はないのです。

ですが、それで終わりではありません。

すべては無価値ならば、すべてが無駄ということになります。

生きることが無駄ならばすべてが無駄ならば、無駄に生きればいい。

無駄で上等なのです。

無駄なことをして無駄に生きればいいのです。

意味と価値の世界がないならば、無駄の世界を生きればいいのです。

なんの意味もなく生きればいいのです。

 

価値がないと思っていたことを無駄にやってみればいいのです。

意味がないと思っていた行為を無駄に試してみればいいのです。

すべてに意味や価値がないのだから、すべてが無駄なのだから。

すべてが無駄だからこそ、やりたいことをやればいいのです。

そして、自由に生きればいいのです。

無駄に終わっても構いません。

すべては最初から無駄なのだから。

 

 

もしここが天国だったら? ― あなたを制限する信念から自由になり、本当の自分を生きる

もしここが天国だったら? ― あなたを制限する信念から自由になり、本当の自分を生きる

 
減速して自由に生きる: ダウンシフターズ (ちくま文庫)