サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

自己肯定感が持てないから他のものに求めた

私にないものといえば、自己肯定感である。

自己肯定感がないが故に、自信がない。

自信がないが故に、自分に価値があると信じられなかった。

だから、私は他のものに価値を求めた。

自分以外の何かに価値を求めたのだが、この世界には価値があるものはなかった。

すべてが滅んでしまうが故に、すべてに意味がなかった。

世界に意味が無いから、自分にも意味がなかった。

そのような堂々巡りをしていた。

 

 

だが気がついた。

自己肯定感さえあればよかったのだと。

それがあれば、自信も持てる。

自信さえあれば、恐怖や不安は格段になくなる。

絶対的な何かを求めて、何かを崇拝する必要はない。

外部に自信が持てる要素を求める必要がない。

世界に価値があるかないかも関係ない。

意味がなくても関係ない。

ただ自己肯定感があればよかったのだ。

 

 

 

なぜ自信が持てないのか―自己価値感の心理学 (PHP新書)

なぜ自信が持てないのか―自己価値感の心理学 (PHP新書)

 
折れない自信をつくるシンプルな習慣 (朝日新書)

折れない自信をつくるシンプルな習慣 (朝日新書)