サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

ゲーム日記 part16「ゴッド・オブ・ウォー:アセンション」 やめ時わからないぐらい面白い

ゴッド・オブ・ウォーという神ゲーがある。

色んな意味で神ゲーなんだけれども、このゲームが本当に好きだ。

 

初めてPS2でプレイしたときに、あまりにも面白くてびっくりした。

一番難しいモードを何度も何度もクリアした。

敵をハメ殺す方法を自力で見つけて面白がっていた。

 

そんなゴッド・オブ・ウォーがPS3で最後にでた作品がゴッド・オブ・ウォー:アセンションだ。

 

God of War: Ascension 【CEROレーティング「Z」】
 

 PS3の限界と思えるほど美しいグラフィックにまず脱帽。

次に毎度恒例の迫力ありまくりの展開。

本当に凄まじいゲームだ。

凄まじいという言葉が最も似合うゲームだと思っている。

それほどまでに凄まじい。

 

 

まだイージーで肩慣らししている段階であるが、PS2版とは操作が一部異なっているのでそこになれないので、ときどき操作ミスする。

それは仕方がないが、高難易度で操作ミスなんかしていたら大ダメージくらってしまう。

なんとかして慣れなければならない。

 

あと、デカさを表現するために主人公のクレイトスが豆粒ぐらいの大きさになるところがあるのだが、そんなサイズで敵と戦うことになると、クレイトスがどこにいるのかわからず、敵の攻撃を避けることができなくなってしまって、イライラするシーンがある。

これはなしにしてほしかった。

 

 

不満点はいくつかあるが、それよりもゴッド・オブ・ウォーは最高だということ再認識した。

とにかくゴッド・オブ・ウォーは面白い。

 

ちなみにゴッド・オブ・ウォーシリーズはPS3ですべてやることができる。

 

ゴッド・オブ・ウォー コレクション

ゴッド・オブ・ウォー コレクション