サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

魂は、あるか? ~「死ぬこと」についての考察

著者の渡部昇一は死後の世界がある方に賭けた。

なぜなら、損がないからだ。

魂は、あるか? ~「死ぬこと」についての考察~ (扶桑社新書)

魂は、あるか? ~「死ぬこと」についての考察~ (扶桑社新書)

 

 パスカルというフランスの哲学者、実験物理学者、数学者、思想家、宗教家であった人物がいる。

そのパスカルの「パンセ」という本に賭けの精神について書かれたところがあった。

「神、あるいは死後の世界はあるかないか」と問いかけられたとき、すでに「あるかないか」の賭けにのっており、どちらかに賭けなければならない。

ならば、どちらに賭けたほうが利益が大きいかを考えてみればいい。

もし、「神はない」のほうに賭けて神も死後の世界もないとしたらそれだけの話。無になるだけである。

しかし、もし神がいて死後の世界があったとするならば賭けに負けるし、大変なことになる。

それに対して、「神はいる」の方に賭けて勝ったら丸儲けである。

もし「神はいなかった」としても、何も損はしない。無になるだけである。

ということは、損しないのだから「神はいる。死後の世界はある」に迷わずかければいいとパスカルは言うのである。

そして、死後の世界がある方に賭けることが信じることにつながるのである。

 

著者の渡部昇一は損しない賭けをした。

死後の世界がある方に賭けたのだ。

 

人は死にぎわに、何を見るのか: 臨終の言葉でわかった死の過程と死後の世界

人は死にぎわに、何を見るのか: 臨終の言葉でわかった死の過程と死後の世界

 
プルーフ・オブ・ヘヴン―― 脳神経外科医が見た死後の世界 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

プルーフ・オブ・ヘヴン―― 脳神経外科医が見た死後の世界 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)