サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

圧倒的まずさ「KICKSTART」アメリカ生まれのエナジードリンク

自販機を見かけるとでかでかと宣伝されている「KIKSTART」という名のエナジードリンク

 マウンテンデューのマークがついていることからそういう感じの味がするのだろうと予想できる。

たいていの炭酸飲料は無果汁であるが、このキックスタートは原材料名の一番最初に「ブドウ果汁」がくるという太っ腹。果汁10%未満の表記には男気を感じる。

カフェインの量は67mgでまぁまぁと言ったところ。

カフェインは多ければいいというものでもないので、これぐらいが妥当といえる。

 

味のほうだが、これが圧倒的にまずい。

非常にまずい。

口に入れた瞬間広がるなんとも言えない味。エナジードリンクにありがちな味とはまったく違うひどい味。

そのひどい味と同時にグレープの味がやってくる。だが、その味の直後にまた別のまずい味がやってくるのだ。

要するに味が3種類あるのだが、まずい味→グレープの味→まずい味という変化をする。

なんなのだこのエナジードリンクは。

なぜこれでGOサインがでるのか。

不思議だ。まったくもって不思議だ。

と、思ってツイッターでキックスタートのことを検索してみたら「おいしい」という意見を見るではないか。

俺がおかしいのか世間がおかしいのか。

そんな飲み物がキックスタートである。