サラダバーで結納

本当によくあるブログ。作品の感想や思ったことを書いているブログ。

ライフガードっぽいが違う「ジャングルマンX」

チェリオという自販機では100円でジュースを売っている会社がある。

100円で売ることを信条としているかのような素晴らしい会社である。

消費増税があっても100円をキープする素晴らしい会社だ。

その会社の看板商品は「ライフガード」である。

そのライフガードに似ているがちょっと違うのが「ジャングルマンX」だ。

 ジャングルマンXは炭酸強め、カフェイン強め、そしてカロリーオフが売りになっている商品だ。

カフェインの量は500mlで40mgでライフガードと同じ。

カロリーオフは人工甘味料を使うことで達成しており、炭水化物の量は500mlで21gとライフガードの45gの半分以下となっている。

他にもコエンザイムQ10、マカが含まれている。

ライフガードを元に開発された商品のため味は似ているが、ジャングルマンXにはジャングルマンXらしさがちゃんとある。

なぜなら、私はライフガードよりジャングルマンXのほうが好きだし、ライフガードは一切飲まずにジャングルマンXしか飲まないからだ。

ジャングルマンXらしさを口で説明するのは難しいが、ジャングルマンXらしさがちゃんとあることだけは伝えたい。

 ライフガードと比べると甘さが控えめなところがいいのかもしれない。